September 17, 2009 / 6:50 PM / 9 years ago

トルコ中銀が50bp利下げ、政策金利は過去最低の7.25%

 [イスタンブール 17日 ロイター] トルコ中央銀行は17日の金融政策委員会で、主要政策金利の翌日物借入金利を50ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低水準となる7.25%とした。景気回復のペースに応じ、追加利下げの幅や期間を決定するとの方針を示した。

 ロイターがエコノミスト20人を対象にまとめた調査では、18人が50bpの利下げ、2人が25bpの利下げを予想していた。

 中銀は景気てこ入れを狙い、前年11月以降950bpの利下げを実施。第2・四半期のトルコの国内総生産(GDP)はマイナス7%、インフレは約40年ぶりの低水準となった。

 翌日物貸出金利も50bp引き下げ9.75%とした。 

 中銀は、長期間にわたり金融政策のバイアスを緩和的に維持するとの見方を繰り返した。

 声明で「利下げの幅や期間は、経済活動の回復ペース次第」とし、「リスクプレミアムに一段の改善が見られるかによって、利下げサイクルがより長期化する可能性がある」とした。 

原文参照番号[nLH690886](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nLH690886]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below