July 29, 2009 / 6:44 PM / 9 years ago

欧州株式市場=反発、好決算受け化学株が上昇

 [ロンドン 29日 ロイター] 欧州株式市場は反発。好調な企業決算を受け市場心理が改善した。化学株が買われ相場を押し上げた。

 FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は7.82ポイント(0.87%)高の910.67。

 DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは27.23ポイント(1.06%)高の2600.31。

 ウニクレディト(ミュンヘン)のグローバル株式ストラテジー部門を統括するゲルハルト・シュワルツ氏は「最も重要なけん引力は依然企業決算だ」と指摘。「問題なのは欧州企業が、米企業がこれまで示してきたような堅調な数字に見合う内容を提示できるかどうかだ。きょうの決算内容は大きな支援材料だ」と述べた。

 同氏は、独バイエルBAYG.DEやダイムラー(DAIGn.DE)の決算を市場が好感したと続けた。

 化学株が高い。バイエルが5.4%、オランダのアクゾノーベル(AKZO.AS)が9.8%それぞれ上昇した。両社ともに業績が好調だった。

 30日に業績発表を控えた独BASFBASF.DEは2.9%、ベルギーのソルベイ(SOLB.BR)も1.8%値を上げた。

 金融株では堅調なセクターを追い風にフランスのナティクシス(CNAT.PA)が20.1%高。トレーダーによると、新しい最高経営責任者(CEO)の経営方針に対する期待が広がった。上場廃止のうわさも再燃しているという。

 スペインのBBVA(BBVA.MC)とドイツ銀行(DBKGn.DE)も上昇した。

 一方サンタンデール(SAN.MC)は1.1%安。サエンス最高経営責任者(CEO)は、2009年の引当金が100億ユーロ(141億5000万ドル)に達する見込みと述べた。

 

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below