November 26, 2009 / 7:55 PM / 10 years ago

欧州株式市場=急反落し7カ月ぶり大幅下落、ドバイ・ワールドの債務問題で

 [ロンドン 26日 ロイター] 欧州株式市場は急反落し7カ月ぶりの大幅な下落率となった。ドバイ政府が、政府系持ち株会社ドバイ・ワールドの事業再構築を進めるため、同社が抱える債務の返済猶予を要請したことを受け、銀行株を中心に売りが広がった。

 FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は33.81ポイント(3.31%)安の988.14と、3週間ぶり安値で引けた。

 DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは97.46ポイント(3.36%)安の2799.44。

 ドバイ政府は25日、政府系持ち株会社ドバイ・ワールドと系列の不動産開発会社ナヒールの2社が、ドバイ・ワールドの事業再構築に向けた最初の措置として、数百億ドルの債務について返済延期を債権者に要請することを計画していると発表した。

 コメルツ銀行のエコノミスト、ピーター・ディクソン氏は「米国市場が(感謝祭で)休場となるなか、ドバイをめぐる懸念が市場心理を揺るがす主要因となった。他には特に手がかりはない」と指摘。「市場の不透明性が再浮上した格好だが、経済や市場のファンダメンタルズを反映するものではないと思う。心理的ショックにすぎない」と語った。

 ドバイ・ワールドへのエクスポージャーに対する懸念から銀行株が下落。HSBC(HSBA.L)、サンタンデール(SAN.MC)、BNPパリバ(BNPP.PA)、バークレイズ(BARC.L)、クレディ・スイスCSGN.VXが3.3―8%安となった。ロンドン証券取引所(LSE)(LSE.L)も同様の懸念から7.4%値下がりした。

 ポルシェ(PSHG_p.DE)は5.1%安。トレーダーによると、ドバイ・ワールドの債務問題をきっかけに、カタール投資庁(QIA)が流動性確保のため、現在10%のポルシェへの出資比率を引き下げるのではないかとの見方が広がった。

 原油安で石油株も軟調。BGグループBG.L、BP(BP.L)、ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L)、トタル(TOTF.PA)が2.4―3.6%下落した。

 金属価格の下落で鉱山株も売られた。アングロ・アメリカン(AAL.L)、アントファガスタ(ANTO.L)、BHPビリトンBLT.L、ユーラシアン・ナチュラル・リソーシズENRC.L、リオ・ティント(RIO.L)、エクストラータXTA.Lが4.2―6.8%安となった。

 ロンドン証券取引所ではこの日、システムの不具合から中盤までに3時間余り取引が停止した。

 

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below