April 1, 2010 / 12:21 PM / 10 years ago

東南アジア株式=全面高、ジャカルタは過去最高値目前

 [バンコク 1日 ロイター] 1日の東南アジア株式市場の株価は軒並み上昇して引けた。ジャカルタ市場.JKSEは1.9%高と、2008年1月に記録した過去最高値に迫った。3月のインフレ率減速を受けて、6日に開かれる中銀総会で政策金利が過去最低水準に据え置かれるとの観測が広まったことが支援材料となった。

 アストラ・インターナショナル(ASII.JK)とバンク・ラクヤット・インドネシア(BBRI.JK)はともに過去最高値を付け、それぞれ6.2%、5.5%値上がりした。

 バンコク市場.SETIは1.69%高と、約2年ぶりの高値を記録。政情不安が高まる一方で、2月の経済統計が好調な内容だったことにより持続的な経済成長が示唆された。エネルギー株と銀行株がこの日の上昇を主導。タイ石油会社(PTT)(PTT.BK)は3.1%、系列のPTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション(PTTEP)PTTE.BKは1.7%、それぞれ上昇。カシコーン銀行KBAN.BKは1.3%高だった。

 シンガポール市場.FTSTIは1.92%高と、約11週間ぶりの高値近辺で引けた。地元銀最大手のDBSグループ(DBSM.SI)は1.8%高。海運のネプチューン・オリエント・ラインズ(NOL)NEPS.SIは6.97%急伸した。

 クアラルンプール市場は0.70%、ベトナム(ホーチミン)市場.VNIは1.79%、それぞれ上昇した。

 1日はマニラ市場は祝日に伴い休場だった。2日はシンガポール、ジャカルタ両市場が休場となる。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below