July 16, 2010 / 12:48 PM / 9 years ago

EUがストレステストの詳細で合意、審査基準はコアTier1に=関係筋

 [ブリュッセル 16日 ロイター] 欧州連合(EU)加盟国政府は、欧州銀行のストレステスト(健全性審査)について、剰余金や普通株などを中心とした狭義の中核的自己資本(コアTier1)を審査通過の判断基準にするなどの詳細で合意した。EU筋が16日明らかにした。

 また、審査結果については、対象となった91行が23日GMT1600(日本時間24日午前1時)にそれぞれ公表し、欧州銀行監督委員会(CEBS)がその後、結果をまとめた声明を発表する予定とした。

 ストレステストの審査の主眼はコアTier1に置かれ、ソブリンリスクへのエクスポージャーは2番目に重要な審査項目となる。

 EUの財務省高官や中銀当局者などで構成される経済財政委員会(EFC)は結果発表の前日である22日に電話会議を開き、ストレステストについての最終調整を行う見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below