July 27, 2010 / 3:39 PM / 10 years ago

米経済が二番底に陥る可能性は高い=シラー・エール大教授

 [ニューヨーク 27日 ロイター] スタンダード&プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数の開発者の1人として知られるロバート・シラー・米エール大学経済学部教授は27日、米経済の現状に懸念を示し、景気は二番底に陥る可能性が高いと警告した。

 同教授はロイター・インサイダーに対し「私の考えでは、景気が二番底に陥ることは、現在の景気後退(リセッション)から立ち直る前に、別のリセッションに見舞われることだ。こうした種類の景気の二番底が現実のものとなる確率は、50%を超えている」との考えを示し「実際に二番底を予期している」と述べた。

 住宅価格の動向については、今後の方向性は明確に把握していないとし「様子見姿勢をとっている」と述べるにとどめた。

 この日に発表された5月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数によると、主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数は季節調整済で前月比0.5%上昇し、予想の0.2%上昇を上回った。

 

 *S&P/ケース・シラー住宅価格指数の記事は[nJT8698126][ID:nJT8698126]

  指数の動向を示すグラフは、link.reuters.com/nyp79m

  をご覧ください。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below