Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(27日)
2007年8月27日 / 07:04 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(27日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   116.13/18円  ユーロ/円 158.65/70円

 ユーロ/ドル 1.3660/65ドル 

 午後5時過ぎのドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から円高が進み、

116円前半で取引されている。一部金融機関がサブプライムモーゲージ(信用度の低い

借り手向け住宅融資)問題で損失を計上する可能性があるとの観測などを手掛かりに、上

値の重い展開となった。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 16301.39円(52.42円高)

      16263.95円─16504.72円 出来高 14億7122万株

 東京株式市場で日経平均は小反発。先週末の米国株式の上昇を受け、朝方は買いが先行

して始まった。寄り付き直後に前日終値比で200円を超える大幅な上昇となったが、

その後は8月16日に空けた「マド」を埋めたことで一服感が広がり、上値が重くなっ

た。後場に入って為替がやや円高基調に振れたこともあり、上げ幅を縮小して引けた。

 東証1部騰落数は、値上がり924銘柄、値下がり674銘柄、変わらずが124銘

柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場> 

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.493%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.655%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(08年3月限)    99.060(―0.010)

             安値─高値    99.045─99.070

 無担保コール翌日物は、加重平均レートが0.493%だった。信用収縮からの不安心

理がいったん棚上げされるなどしたため、資金調達需要が高まらなかったことが背景。こ

の日は5年利付国債や15年変動利付国債などの債券発行日だったが、外銀、邦銀勢とも

に調達レートは誘導目標付近にとどまった。ユーロ円3カ月金利先物は、主要投資家の動

きが鈍かったことから動意薄。

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)135.44(─0.09)

                    135.28─135.56

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.615%(+0.025)

                     1.620%─1.595%

 国債先物9月限は前週末比9銭安の135円44銭と反落して引けた。午後に入ると

28日の20年債入札に備えたヘッジ(損失回避)や持ち高調整を目的にした売りで上値

を重くした。現物市場は長期・超長期ゾーンを中心に軟調。10年最長期国債利回り(長

期金利)は同2.5bp高い1.615%に上昇。一部報道で伝わった内閣改造人事につ

いては「事前に報じられた人ばかりで代わり映えせず、相場は反応薄。仮に地方配慮型の

政策を遂行した場合、財政規律が緩和してイールドカーブがスティープ化するとの連想が

働きやすい。今後の記者会見で新政権のメッセージを見極めたい」(邦銀)といった声が

聞かれた。

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 13.0─14bp 銀行債(みずほ)5年 20─21bp

地方債(都債)10年 15.0─16bp 電力債(東電)10年 20─21bp

 国内普通社債(SB)市場では、27日午後に期間10年で起債した東京電力(9501.T)

<0#9501=JFI>の募集は順調だった。信託銀行など中央の投資家が市場実勢を反映したスプ

レッドで発行条件が決まったことを評価して積極的に買った。クレジット・デフォルト・

スワップ(CDS)市場では、武富士8564.T<0#8564=JFI>が73ベーシスポイント

(bp)で取引された。24日のプレミアム気配(仲値)が70bp台半ばだったことか

ら横ばい圏。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(16時45分現在の気配)

   2年物 1.13%─1.09%

   3年物 1.22%─1.18%

   4年物 1.31%─1.27%

   5年物 1.40%─1.36%

   7年物 1.57%─1.53%

  10年物 1.81%─1.77%

 スワップ金利は小幅上昇。現物市場で10年最長期国債利回り(長期金利)がやや軟調

に推移する場面で、払いが見られたのが背景とされる。金利上昇幅は、5年ゾーン

0.125bp、7年ゾーン0.5bp、10年ゾーン0.5bp、20年ゾーン

0.625bp。2年ゾーンのスワップ金利は変わらずだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 27日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below