Reuters logo
再送:東京外為市場・27日=ドル116円前半、サブプライムへの警戒続く
2007年8月27日 / 08:24 / 10年後

再送:東京外為市場・27日=ドル116円前半、サブプライムへの警戒続く

*本文を一部修正して再送します。

          ドル/円      ユーロ/ドル      ユーロ/円

17時現在    116.13/18  1.3660/65  158.65/70

正午現在    116.25/30  1.3670/73  158.92/97

9時現在    116.63/68  1.3677/82  159.54/66

前週末東京17時 116.05/10  1.3572/77  157.55/66

前週末NY17時 116.43/49  1.3678/82  159.22/31

-----------------------------------------------------------------------------

 [東京 27日 ロイター] 午後5時過ぎのドル/円は、前週末ニューヨーク市場の

午後5時時点から円高が進み、116円前半で取引されている。一部金融機関がサブプラ

イムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題で損失を計上する可能性がある

との観測などを手掛かりに、上値の重い展開となった。

 

 東京市場のドルは、朝方の取引で116.76円まで上昇した後、夕方に一時

116.10円まで下落するなど、上値の重い展開となった。前週末の米株高を受けて、

週明けのアジア株は底堅い推移になると見方から朝方は円売りが先行したが、英タイムズ

紙が27日、サブプライム問題で経営が悪化している独ザクセン州立銀行(LB)の売却

をめぐり、同行を主要顧客とするバークレイズ銀行に懸念が生じていると報じたことなど

を受けて、円買いが進んだ。市場では「サブプライム問題が話題になると、株高でもやは

り円買い反応になる」(外資系証券)との声が出ている。特にクロス円で海外勢と一部国

内投資家の円買いが目立った。

 円買いが進んだ一因として、サマーズ元米財務長官が26日、米ABCテレビの番組で

「リセッションが訪れると予測する根拠はまだないと思う」としながらも「リセッション

のリスクは現在、9・11以降のどの時期よりも高まっていると言えるだろう」と述べた

ことを指摘する声もあった。

 安倍首相は27日の内閣改造で、財務相に額賀福志郎氏を起用、経済財政担当相に大田

弘子氏が留任する人事を決めた。市場では「長期安定政権になるとは考えづらい新政権人

事に対する関心はかなり低い」(都銀)として、外為相場への影響は限られるとの声が大

勢。「海外勢は日々状況が変わるサブプライムなど他の問題へ関心が集中している」(外

銀)状況下、新三役・内閣が日銀の金融政策にどの程度の影響を与えるかという点につい

ても「そこまで内閣改造が話題になってない」(外資系金融機関)という。

 また自民党はきょう午前の総務会で、幹事長に麻生太郎外相、総務会長に二階俊博国対

委員長、政調会長に石原伸晃幹事長代理が就任する役員人事を了承した。三役人事への関

心も高まっていないが、麻生幹事長が就任会見で「改革が急激に進めば、既得権益の破壊

が起きるので、いろいろな痛みが出てくる。急激であれば痛みを止めるためにはある程度

の痛み止めの注射や輸血が必要だろう」と述べたことについて、市場では「『注射や輸血』

が何を意味しているのかが気になる。日銀の金融政策にどう影響を与える可能性があるの

かを見極めていきたい」(邦銀)との声があった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below