Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(30日)
2007年8月30日 / 07:22 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(30日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   115.62/67円  ユーロ/円 157.65/71円

 ユーロ/ドル 1.3634/39ドル

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円高が進み

115円半ばで取引されている。前日海外の取引では米株高などを受けて円が売られたが、

市場ではサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題への懸念が依

然として根強く、関連報道やうわさなどを手掛かりに、東京市場では一転して再び円買い

が強まった。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 16153.82円(140.99円高)

      16091.28円─16269.66円 出来高 15億2349万株

 東京株式市場で日経平均は反発。前日の米株高と円高修正で朝方から前日終値比で

200円を超える大幅上昇となり、高値もみあいとなった。しかし、信用収縮への警戒感

が依然強い中、実需の資金流入が少なく、買い一巡後は上げ幅を徐々に縮小した。

 東証1部騰落数は、値上がり1096銘柄、値下がり491銘柄、変わらずが128銘

柄。

 

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.510%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.650(―0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年3月限)    99.115(+0.005)

             安値─高値    99.090─99.125

 無担保コール市場で翌日物は、主に誘導目標をやや上回る0.50―0.52%で取引

された。外銀勢の調達意欲がやや強く、加重平均金利は前日の0.502%から上昇して

0.510%となった。月末月初取引となるレポGCレートは0.6%台半ばで高止まり。

ユーロ円3カ月金利先物は前日の米債安を受けて上値が重かったが、タカ派とされる日銀

の水野温氏審議委員の発言内容が「予想より慎重」と受け止められたことで、上昇に転じ

た。

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>  

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)135.81(+0.13)

                    135.35─135.83

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.565%(―0.015)

                     1.595%─1.565%

 国債先物は続伸して引けた。前日の米債安や国内株価の堅調推移を受け、先物は反落し

て取引が始まったが、2年利付国債の入札で根強い需要が確認されたことをきっかけに買

い戻しの動きが強まった。先物は下げ幅を縮小し、前日比プラス圏で大引けを迎えた。現

物市場では10年最長期国債利回り(長期金利)が前日比1.5bp低い1.565%に

低下したほか、午前は上値の重かった中短期債も午後には切り返している。新発2年債に

はショート・カバーの買いが入り、しっかりと推移。

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 13.0─14bp 銀行債(みずほ)5年 20─21bp

地方債(都債)10年 15.0─16bp 電力債(東電)10年 20─21bp

 一般債市場では、東京電力(9501.T)<0#9501=JFI>など電力債にスプレッドの厚みを評価

した買いがみられた。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、みずほコ

ーポレート銀行<0#8310=JFI>、三菱東京UFJ銀行<0#8315=JFI>、三井住友銀行

<0#8412=JFI>のドル建て劣後のプレミアムが横ばい。日米の株式市場が反発したことで、

信用リスクを回避するプロテクションの買い意欲が弱まった。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(17時45分現在の気配)

   2年物 1.08%─1.04%

   3年物 1.17%─1.13%

   4年物 1.27%─1.23%

   5年物 1.36%─1.32%

   7年物 1.54%─1.50%

  10年物 1.79%─1.75%

 

 スワップ金利は先物ゾーン以降が上昇。2年ゾーンが1.125ベーシスポイントの低

下、5年ゾーンは変わらずだったのに対し、7年ゾーン0.25bp、10年ゾーン

0.625bp、20年ゾーン1.125bp、30年ゾーン1.5bpの上昇となり、

イールドカーブはスティープニングする形状となった。財務省が正午締め切りで実施した

新発2年債入札(表面利率0.9%、9月18日発行)を控え、短期ゾーンに小口の払い

も出た。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 30日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below