Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(12日)
2007年10月12日 / 07:04 / 10年前

東京マーケット・サマリー・最終(12日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円 117.28/33円   ユーロ/ドル 1.4190/95ドル

 ユーロ/円 166.69/79円

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらず

117円前半で取引されている。アジア株の軟化を受けて、日中の取引では円が底堅く推

移する場面もあったが一段の値動きにはつながらず、主要通貨は狭いレンジ内の値動きに

終始した。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 17331.17円(127.81円安)

      17280.60円─17441.75円 出来高 19億2298万株

 東京株式市場で日経平均は反落。前日に300円近く急騰した反動もあり、寄り付きか

らマイナス圏での推移となった。後場に入ってからは先物に断続的な売りが出たほかアジ

ア株の下げも嫌気され、週末前の様子見姿勢が強まり下げ幅が拡大した。

 前日は先物主導の需給要因で上昇した部分もあり、きょう朝に算出された株価指数先物

・オプションの特別清算指数(SQ)値が現物のザラ場高値よりも上にあったことから、

売りが出やすい状況となったという。

  

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時30分現在

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.526%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.600%(─0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年3月限)    99.075(+0.010)

             安値─高値    99.065─99.080

 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.526%付近と4営業日連続して0.5%

台となった。15日の準備預金積み最終日を控えて資金の出し手が運用に慎重になる中、

0.6%で資金調達する動きもあった。日銀が午後に実施した共通担保資金供給(全店)

オペ(10月16日─1月16日)の案分落札金利は0.620%と10日の年越え同(

本店)オペ(10月12日─1月18日)の0.610%に比べて小幅上昇した。応札額

が4兆円超となるなど、年越えの資金を確実に調達したいとする金融機関から積極的な応

札姿勢が示された。「信用収縮懸念がくすぶる中、年末にかけての金利動向が不透明なだ

けに、オペに高い需要が見られた」(邦銀)という。

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>  

 10年国債先物中心限月・12月限(東証)134.72(+0.42)

                    134.30―134.73

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.700%(―0.035)

                     1.740%─1.700%

 国債先物は反発して取引を終えた。日経平均株価が下げ幅を拡大して推移したのが背景。

この日の新発5年債入札(表面利率1.3%、25日発行)が無難だったことや、投資家

の新規資金流入が相場を底上げした。10年最長期国債利回り(長期金利)は1.700

%と5日以来約1週間ぶりの水準に低下した。

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 13.0─14bp 銀行債(みずほ)5年 20─21bp

地方債(都債)10年 16.0─17bp 電力債(東電)10年 19─20bp

 一般債市場では、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構(高速道路機構)

<0#0905=JFI>など政府保証債にスプレッドの厚みに注目した買いが入った。クレジット・

デフォルト・スワップ(CDS)市場では、アイフル(8515.T)<0#8515=JFI>に信用リスク

を回避する動きが一段と強まったことからワイド化した。プレミアムは11日から20

ベーシスポイント(bp)程度の上昇となった。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(17時28分現在の気配)

   2年物 1.14%─1.10%

   3年物 1.23%─1.19%

   4年物 1.33%─1.29%

   5年物 1.42%─1.38%

   7年物 1.61%─1.57%

  10年物 1.87%─1.83%

 

 スワップ金利は低下。市場関係者によると、先物ゾーンを中心に受けが相次いだためと

される。金利低下幅は、2年ゾーン3.375ベーシスポイント(bp)、3年ゾーン

4.125bp、5年ゾーン4.625bp、7年ゾーン4.875bp、10年ゾーン

4.125bp、20年ゾーン3.25bp、30年ゾーン3bp。イールドカーブは中

べこみの形状となった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 12日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below