Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(15日)
2007年10月15日 / 07:31 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(15日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円 117.65/70円   ユーロ/ドル 1.4215/20ドル

 ユーロ/円 167.29/35円

 午後5時過ぎのドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点より小幅上昇の

117円後半で取引されている。EBSデータによると、一時117.83円を付け、約

2カ月ぶりドル高/円安水準となった。午前中は輸出企業によるドル売りなどで上値の重

い展開だったが、夕方にかけて、アジア株全般に堅調だったことが好感され、主要通貨買

い/円売りとなっている。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 17358.15円(26.98円高)

      17292.13円─17430.09円 出来高 16億2193万株

 東京株式市場では、日経平均が小反発。新規材料の乏しいなかで本格化している米企業

の決算発表やその後に続く日本企業の決算発表をにらんで様子見ムードの強い取引が続い

た。東証1部売買代金は2兆2600億円にとどまる薄商いで、エネルギー不足から上値、

下値とも攻めきれず、方向感に乏しい展開になった。

 

 東証1部騰落数は、値上がり859銘柄、値下がり728銘柄、変わらず135銘柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時05分現在

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.548%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.600%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(08年3月限)    99.065(―0.010)

             安値─高値    99.060─99.075

 短期金融市場で、無担保コール翌日物金利の加重平均レートは0.548%となった。

誘導目標水準を上回るのは9日以降5日連続。この日は準備預金の積み最終日だったほか、

国債決済が集中したのが主な理由とされる。当日スタートのレポGCレートが0.7%付

近に高止まりしたのを受け、一部外国銀行の調達金利が0.68%まで跳ね上がる場面も

あった。ユーロ円3カ月金利先物は小反落。

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>  

 10年国債先物中心限月・12月限(東証)134.42(─0.30)

                    134.42―134.58

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.730%(+0.030)

                     1.730%─1.715%

 国債先物は反落して引けた。中心限月12月限は、前週末の米債安の流れを引き継いで

売りが優勢な展開で始まった。現物市場では、あすの30年利付国債入札を前にしたポジ

ション調整や業者のヘッジの売りが出て、超長期ゾーンを中心に利回りが上昇圧力がかか

った。新発30年債利回りは前週末比4.0bp高い2.510%まで上昇した。長期金

利は、1.725%に上昇している。もっとも、日米の景気見通しや政策見通しが不透明

であるうえ、全般的に手掛かりに欠ける状況。投資家が積極的に動くことができず、当面

は方向感を探る展開を予想する声が多い。

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 13.0─14bp 銀行債(みずほ)5年 20─21bp

地方債(都債)10年 15.0─16bp 電力債(東電)10年 19─20bp

 一般債市場では、東京電力(9501.T)<0#9501=JFI>の国内普通社債(SB)に売りが出

た。オファーがタイトなため、投資家は買いを見送った。クレジット・デフォルト・スワ

ップ(CDS)市場では、指標となるiTraxxJapanシリーズ8のプレミアムが

横ばい。インデックスに組み込まれている消費者金融セクターが落ち着いているため、

際立った動きはみられなかった。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(16時50分現在の気配)

   2年物 1.15%─1.11%

   3年物 1.25%─1.21%

   4年物 1.35%─1.31%

   5年物 1.45%─1.41%

   7年物 1.64%─1.60%

  10年物 1.90%─1.86%

 

 スワップ金利は上昇。変動幅は、2年ゾーン0.375ベーシスポイント、3年ゾーン

1.25bp、5年ゾーン2.125bp、7年ゾーン2.75bp、10年ゾーン3b

p、20年ゾーン3.25bp、30年ゾーン3.375bp。イールドカーブはスティ

ープニングする形状になった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 15日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below