October 5, 2007 / 1:52 AM / in 11 years

野村AM、中国株および小型株指数連動ETF2本を今月23日に大証に上場

 [東京 5日 ロイター] 野村アセットマネジメントは、中国株連動型ETF(上場投資信託)と国内小型株指数連動型ETF2本を設定、10月23日に大阪証券取引所に上場する。外国の株価指数に連動するETFおよび国内小型株指数に連動するETFは、いずれも国内初。

 大証は、きょう、この2本のETFの新規上場を承認した。

 野村アセットが新たに設定するETFは、上証50指数.SSE50を対象株価指数とした「上海株式指数・上証50連動型上場投資信託(SSE50 Index Linked Exchange Traded Fund)」と、ラッセル野村スモールキャップ コア インデックスを対象指数とした「ラッセル野村小型コア・インデックス連動型上場投資信託(Russell/Nomura Small Cap Core Index Linked Exchange Traded Fund)」。

 野村アセットは、1日、自社運用のETF(上場投資信託)を「NEXT FUNDS」(ネクスト・ファンズ)というブランドで統一し、今後、商品拡充をはじめ、新たな展開を図っていく方針を発表したばかり。今回設定を発表したETF2本を加えるとラインナップは9本になる。

 大阪証券取引所の市場企画本部、山澤光太郎執行役員は、今年6月のロイターのインタビューで、金価格連動型ETFを07年第3・四半期中にも上場させたいとし、中国やインドといった外国の株価指数に連動するETFの上場についても、金価格連動型ETFと同時進行で話をしている、と言及していた。金価格連動型上場投資信託62006174JP.LP1328.OSは8月2日に野村アセットが設定、8月10日に大証に上場している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below