Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(3日)
2007年12月3日 / 07:14 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(3日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円 110.50/55円   ユーロ/ドル 1.4693/95ドル

 ユーロ/円 162.38/45円

 午後5時過ぎのドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点から円高が進み110円半

ばで取引されている。前週末の米株高にもかかわらず日経平均株価が前週末比マイナス圏

へ下落したことや、サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題を

めぐる報道などを手掛かりに、東京市場ではリスク回避の円買いが進んだ。ただ、、取引

の手掛かりに乏しいとの声が多く、値動きは小幅だった。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 15628.97円(51.70円安)

      15577.69円─15799.69円 出来高 21億0011万株

 12月相場入りとなった東京株式市場で日経平均は小幅反落。前週末の米ダウが上昇し

たことなどを好感する動きとなり買いが先行したが、一巡後は上値の重さを嫌気して利益

確定売りが優勢になった。ただ、東証1部騰落数は値上がり958銘柄、値下がり641

銘柄、変わらずは120銘柄と値上がり銘柄の方が多く、比較的静かな相場展開。

TOPIXも小幅高だった。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時25分現在

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.511%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   ──   (出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(08年6月限)    99.165(+0.015)

             安値─高値    99.145─99.170

 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.511%(速報)と2営業日連続して日銀誘

導目標(0.50%前後)を上回った。政府短期証券(FB)の発行要因などの伴う資金

不足日を迎えて、資金の出し手が運用に慎重になる中、外銀勢が水準を引き上げて調達。

0.600%で取引が成立する場面があった。一方、邦銀勢の調達金利は0.50%が中

心。ユーロ円3カ月金利先物市場はしっかり。福井日銀総裁が午前の講演で、金融政策や

景気認識について「やや慎重なトーン」(国内金融機関)で発言したことや、国内株価の

下落が買い手掛かりとなった。中心限月2008年6月限は一時前営業日清算値に比べて

2ティック高の99.170に上昇した。

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>  

 10年国債先物中心限月・12月限(東証)137.33(+0.30)

                    137.01─137.63

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.445%(―0.025)

                     1.475%─1.425%

 国債先物は続伸して取引を終えた。日経平均株価が下げに転じる場面で、海外勢を主体

とする先物買いが持ち込まれたのが主な理由とされる。10年利付国債入札

(1兆9000億円、20日発行)を4日に控えた売り持ちの買い戻しを巻き込み、中心

限月となる12月限は一時、年初来高値を更新した。市場参加者によると、現物市場では

中期/長期ゾーンにデュレーション調整を意識した国内勢からの買いが入った。

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 12.0─13bp 銀行債(みずほ)5年 27─28bp

地方債(都債)10年 14.0─15bp 電力債(東電)10年 21─22bp

 一般債市場では、金利が低下(価格は上昇)したことから、利付金融債などに利益を

確定させる売りが出た。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、

日産自動車(7201.T)<0#7201=JFI>がタイトニング。前週末海外市場でドル/円が2週間

ぶりの円安水準を付けたことで、信用リスクを回避するプロテクションの買いの勢いが

一時的に弱まった。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

スワップ金利(16時半現在の気配)

   2年物 1.03%─0.99%

   3年物 1.09%─1.05%

   4年物 1.17%─1.13%

   5年物 1.25%─1.21%

   7年物 1.42%─1.38%

  10年物 1.69%─1.65%

 スワップ金利は低下。金利変動幅は2年ゾーン1.25ベーシスポイント、3年ゾーン

1.875bp、5年ゾーン2.625bp、7年ゾーン2.875bp、10年ゾーン

2.375bp、20年ゾーン1.25bp、30年ゾーン0.625bpとなり、イー

ルドカーブが中べこみの形状となった。市場参加者によると、金利低下は円債相場が主導

した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           [東京 3日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below