November 2, 2007 / 9:01 AM / 12 years ago

UPDATE1: 福田首相と小沢氏の党首会談は午後6時半に再開、給油新法をめぐり中断

 [東京 2日 ロイター] 福田康夫首相と小沢一郎民主党代表は2日午後、国会内で2回目の党首会談を行った。小沢氏によると、インド洋での海上自衛隊の給油活動を再開するための給油新法をめぐり、互いに従来の主張を繰り返したが、会談はいったん中断した。大島理森自民国会対策委員長によると、再開は午後6時半になる見通し。

 小沢氏は記者団に対し「私は、わが党と私の持論を申し上げた。それに対し、首相はいったん休憩して、考えをまとめて再開して話し合いましょうということになった」と語った。自民党幹部は「法制上、検討しないといけないことがあって、首相はいったん官邸に戻って勉強しなければいけない」と説明した。

 福田首相は小沢氏との会談を前に、公明党の太田昭宏代表と国会内で会談した。自民党幹部によると、太田氏は「公明党は首相を信頼しているのですべてお任せする」と述べた。

 福田首相と小沢氏は、10月30日午前に国会内で初めて党首会談を行い、インド洋上での海上自衛隊の給油継続を可能にする給油新法などについて協議したが合意にはいたらず、2日に再会談することで一致していた。海上自衛隊の給油活動は、1日でテロ対策特別措置法が期限切れを迎えて中断している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below