February 7, 2008 / 12:42 AM / 11 years ago

UPDATE1: 1月末の外貨準備高は9960.44億ドル、過去最高を更新=財務省

 [東京 7日 ロイター] 財務省が7日に発表した1月末の外貨準備高は9960億4400万ドルとなり、前月末から226億7900万ドル増加した。準備高としては過去最高となった。過去最高を更新したのは7カ月連続。

 外貨準備高増加には、1)保有資産からのクーポン・利息収入など、2)保有資産の時価評価上昇、3)ユーロの対ドル相場上昇によるユーロ建て資産の増加──などが寄与したという。

 金相場は12月末に1トロイオンス当たり836.50ドルだったが、1月末には923.25ドルに上昇。その結果、1月末の金評価額は227億1400万ドルと、12月末の205億8000万ドルから大きく増加した。

 また米国債は10年債の利回り(指標銘柄)が12月末の4.027%から3.597%へと低下。

 ユーロ/ドル相場は12月末終値(ニューヨーク市場)の1.4591ドルから、1月末は1.4861ドルへと上昇した。

 国別での外貨準備高をみると、比較可能な2007年10月末時点では、中国本土が9276億SDRで首位となり、日本が5957億SDRでそれに次いだ。3位がロシア、4位が台湾、5位が韓国などとなっている。1SDRは1.57188米ドル。

 

 (ロイター日本語ニュース 児玉成夫記者)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below