Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(11日)
2008年4月11日 / 07:11 / 10年前

東京マーケット・サマリー・最終(11日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円 101.77/82円   ユーロ/ドル 1.5825/30ドル

 ユーロ/円 161.07/11円

 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらずの101

円後半で取引されている。日経平均株価.N225が前日比300円を超える上昇となった

ことなどを受けて東京市場では円安が進んだが、夕方の取引では対ユーロでドル売りが強

まり、ドル/円も反落した。7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)を控えて様子見ム

ードが強く、売買も方向感に乏しいものが多かったという。

  レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 13323.73円(378.43円高)

      13040.35円─13329.40円 出来高 20億2875万株

 東京株式市場では、日経平均が大幅反発。ドル高/円安の進行やオプションSQを通過

した安心感から買い戻しが先行。日経平均は寄り付きで1万3000円台を回復し、大引

けにかけて上げ幅は400円に近づいた。ただ、来週には米金融機関の決算発表、その後

は日本企業の決算発表を控えており、ここからの上値余地はそう大きくないとみる声が多

い。

 東証1部騰落数は値上がり1513銘柄に対し、値下がりは146銘柄。変わらずは

55銘柄だった。 

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  18時10分現在

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.504%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り    ──(出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(08年9月限)  99.250(─0.010)

             安値─高値   99.240─99.265

 無担保コール翌日物の加重平均金利は0.504%となった。15日に準備預金積み最

終日を控え潜在的な調達需要が強まる中、朝方は外銀勢が水準を切り上げて調達した。日

銀は朝方に金融調節で4000億円を即日供給して金利上昇をけん制。午後には、邦銀勢

が0.4%台半ばに水準を切り下げて調達したが、終盤には外為決済に絡んだ調達需要が

示されて再び0.50%付近まで水準が切り上がった。ユーロ円金利先物市場は株高を嫌

気して軟調。中心限月08年9月限は一時前日清算値に比べて2ティック安の

99.240と中心限月ベースで07年12月以来4カ月ぶりの水準に下落した。

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・6月限(東証)139.31(―0.77)

                    139.13─139.88

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.375%(+0.045)

                     1.380%─1.360%

 円債市場は大幅反落した。ワシントンで開かれる7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G

7)を控えたポジション繰りから利益確定売りが相次いだ。一部海外勢からは株買い/債

券売りのオペレーションが持ち込まれ、国債先物は3月12日以来1カ月ぶりの安値をつ

ける場面があった。現物市場では、主に超長期ゾーンや短期ゾーンに国内投資家からの買

いが入った。業者主体の買い戻しをきっかけに引けにかけては下げ幅を縮小した。

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 11.5─12bp  銀行債(みずほ)5年 43─44bp

地方債(都債)10年 17.0─18bp  電力債(東電)10年 26─27bp

 一般債市場では、金利が急上昇(価格は低下)したことから、利付金融債などに押し目

買いが入った。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、指標となる

iTraxxJapanシリーズ9JPMCDS01はタイトニング。東京株式市場で日経平均

.N225が大幅に反発したため、クレジットリスクを回避する取引の勢いは弱まった。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

スワップ金利(18時10分現在の気配)

   2年物 0.95%─0.91%

   3年物 1.00%─0.96%

   4年物 1.06%─1.02%

   5年物 1.12%─1.08%

   7年物 1.28%─1.24%

  10年物 1.56%─1.52%

 スワップ金利は上昇した。市場参加者によると、金利変動幅は2年ゾーン1ベーシスポ

イント、3年ゾーン1.875bp、5年ゾーン3bp、7年ゾーン3.5bp、10年

ゾーン3.625bp、20年ゾーン3.75bp。これにより、イールドカーブはステ

ィープニングする形状となった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 11日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below