April 22, 2008 / 7:49 AM / 11 years ago

〔焦点〕野村<8604.T>のインサイダー容疑に傷つく看板部隊、信頼回復に時間も

 江本 恵美記者

 [東京 22日 ロイター] 野村証券の社員が企業の買収・合併(M&A)の情報を利用してインサイダー取引に関与していた疑いが出たことは、野村証券の業績にもネガティブ要因となりそうだ。機関投資家は不祥事を起こした証券会社との取引をいったん停止するため、機関投資家関連のビジネスで業績の伸び悩みが予想されるほか、不祥事の舞台となったとされる企業情報部の信頼回復には時間がかかるためだ。信用収縮と株価低迷の影響で厳しい収益環境が続くなか、4月に就任したばかりの渡部賢一社長は逆風下でのかじ取りを迫られる。

 「今日はあまり忙しくない。発注停止だから」──。

 22日午前のトレーディングルームで、野村の株式セールス担当者はこうぼやいていた。機関投資家はコンプライアンス(法令遵守)重視の一貫として、不祥事やその疑いのある金融機関との取引について、金融庁など当局の処分や当事者からの説明があるまで停止するなどとする社内規則を置いている。インサイダー取引に関与した社員がいたとの報道を受け、大口の機関投資家を中心とする顧客はすでに、野村証券への株式売買の注文を止めているもようだ。

 ある大手証券ストラテジストは「こういった事件に神経質になるのは年金か信託銀行。彼らはすぐに売買の発注を止める」と指摘する。クレディスイスの証券担当アナリスト大野東氏は、マザーマーケットである国内の機関投資家からのビジネスが減れば「短期的に業績には若干マイナスになるだろう」と予想する。

 東京証券取引所[TSE.UL]が2009年にも予定している株式の新規公開(IPO)で、野村は大和証券SMBCとモルガンスタンレーに並んで引受主幹事に選定された。しかし、ここでも何らかの影響が及ぶかも知れず、市場関係者は実態把握を急いでいる。

 上場企業のガバナンス体制の強化を求める東証の斉藤惇社長は定例会見などで、証券会社など市場参加者に「モラルの高さを求める」と訴えている。そうした局面において資本市場の担い手であるはずの野村の社員が法令違反に関与していたとしたら 。責任の大きさは言うまでもない。

 一方で、目に見えない形の影響が予想されるのはレピュテーション(風評)リスクだ。野村社内でも、今回の不祥事が「M&A部隊の人間が関与したインサイダーというのは痛い」との認識で共通している。

 企業情報部は、企業が他社への買収を検討したり事業売却を行う際に、そのM&Aによってどの程度のメリット・デメリットを受けられるかを検証する。合併の相乗効果の程度や中長期的な競争力などを見極め、買収・譲渡価格の算定なども行う。外部は知り得ない情報を抱える投資銀行業務の本丸であり、今回の不祥事が「組織的な行為などと仮に判明した場合には、M&Aの新規案件の相談件数は減っても不思議ではない」(大手証券)との指摘も強い。

 もっとも、例年4─6月期は株主総会を目前に控え、M&Aの案件は少なめのシーズン。水面下で交渉が継続しているM&A案件において、「今回の事件だけをきっかけに野村をFA(ファイナンシャル・アドバイザー)から外す会社が出るとは思えない」(外資系証券)とされる。米投資顧問のあるアナリストも「会社全体のダメージは限定的だろう」とみる。

 野村ホールディングス(8604.T)の株に投資する国内のファンドマネージャーは「会社として法令遵守体制に問題がなかったとしても、野村の研修の方法や密度は十分だったか検証は必要だろう」と話す。コンプライアンスをいくら厳しくしても、法令違反につながる行為を「やるかやらないかの一線を越えるのは社員個人の問題。野村のコンプライアンスの水準が低かったといえば、そうとも言い切れないのでは」との声も漏れてくる。

 野村が標榜する戦略は、アジア最強の投資銀行としての地位を早期に確立し、その強みをテコに欧米顧客へビジネス展開すること。社員1万人超のなかで、たった1人の社員が起こした不祥事の確率は、単純計算して0.01%にすぎない。情報管理体制の甘さや組織としてのタガの緩みを修正する再発防止策を構じなければ「最後に残された道は地道な努力しかない」(野村関係者)と話す他の社員も株主も報われない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below