August 25, 2008 / 7:24 AM / 10 years ago

ユーロは過大評価されている=ロバート・マンデル博士

 [ベルリン 25日 ロイター] 1999年にノーベル賞を受賞した経済学者であるロバート・マンデル博士は、25日付の独フランクフルター・アルゲマイネ紙とのインタビューで、ユーロはドルに対して過大評価されている、との考えを示した。

 同博士は、ユーロが1.18ドルの水準で発足し、0.82ドルまで下落した後、1.60ドルに上昇したことについて「クレージーだ。わずか2―3年でユーロの価値が倍になるなど、まったくばかげている」としたうえで、「われわれは世界の為替システムを改良する必要がある」と述べた。

 インフレについては「原油高のため、当面はインフレ率が4%か5%に上昇する可能性がある。しかし、原油価格はすでに安くなっており、1バレル=100ドルを割り込む水準に戻ると考えている」と述べた。

 高インフレ局面がどの程度長期化するかについては、見解を示さなかった。

原文参照番号[nLP239423](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nLP239423]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below