September 2, 2008 / 10:40 AM / 11 years ago

日本の不動産投信、海外投資家によるTOB増える可能性=プロスペクト会長

 [東京 2日 ロイター] 投資会社プロスペクト(東京都千代田区)のカーティス・フリーズ会長は2日、ロイターとのインタビューで、日本国内で価格が下がった不動産投資信託(REIT)に対し、買収を仕掛けてくる海外投資家が増えるとの見通しを示した。8月末にはオークツリー・キャピタル・マネジメントの運用するファンドが、リプラス・レジデンシャル投資法人(8986.T)に対する株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表。同例のように、割安に放置されたリートに対し海外投資家は投資意欲を高めていると述べた。

 カーティス氏は今後「日本のリートに対し海外投資家がTOBを実施する例が4、5件出る可能性がある」と予想した。

 オークツリー・キャピタルの関連会社、アップルリンゴ・ホールディングス・ビー・ヴィ(オランダ)は、リプラスの発行済み投資口の10.79%(1万8063口)を上限とし、1口26万円で8月29日から10月7日までTOBを実施する予定。これにより投資口の保有比率を48.40%に引き上げる計画。

 世界的に信用収縮のあおりを受け日本のリート市場からも投資家の資金が逃げており、東証REIT指数.TREITは2007年5月につけた最高値からほぼ半分に値を下げ、割安に放置されている銘柄が多いとの指摘がある。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below