Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(12日)
2008年9月12日 / 07:36 / 9年後

東京マーケット・サマリー・最終(12日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円  107.46/51円   ユーロ/ドル 1.4068/71ドル

 ユーロ/円 151.15/24円

 

 午後3時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から若干円安の

107円半ばで取引されている。米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスLEH.Nの

売却先をめぐる報道や、次の救済対象を巡る思惑などが渦巻くなかで、東京市場では3

連休を前に様子見ムードが高まり、円は対ドル、クロス円で軟調となっている。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 12214.76円(112.26円高)

      12059.09円─12277.57円 出来高 25億9430万株

 東京株式市場で日経平均は4日ぶり反発。9月限先物・オプションSQ(特別清算指数)

算出後の新たなポジション構築と3連休を前にした持ち高調整が交錯し小幅ながら荒い

動きとなった。ただあくまで短期筋中心の動き。リーマン・ブラザーズLEH.N買収に関

する報道が出ているが、長期投資家は様子見姿勢を強めており、SQを除いた商いは薄か

った。

 東証1部の騰落は値上がり1205銘柄に対し値下がり434銘柄、変わらずが81銘

柄だった。

  レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  18時20分現在

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.468%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り   0.580%(+0.005)

 ユーロ円3カ月金先(09年3月限)     99.180(─0.015)

             安値─高値     99.175─99.200

 無担保コール翌日物金利が午後弱含み。準備預金の積み最終日を迎えたが、大方の金融

機関は積みにメドを付けていたことから、水準を切り上げて調達する動きは限られた。午

後には0.35%付近で一部取引が成立する場面もあった。日銀は午後1時45分に手形

売出オペを通告して1000億円を即日吸収して金利低下をけん制。その後は外銀・邦銀

とも0.4%台を中心に調達した。翌日物の加重平均金利は0.468%(速報)となっ

た。

 日銀が午後に実施した共通担保資金供給(本店)オペ(9月16日─10月9日)の案

分落札金利は0.600%と前日の同(全店)オペ(0.580%)に比べて上昇した。

「期越えの資金調達が意識された」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物が

軟調。株高を嫌気して売りが先行したが、4─6月期国内総生産(GDP)2次速報が1

次速報から下方修正されるなど景気先行きへの懸念が相場を下支え。「米リーマン・ブラ

ザーズLEH.Nの救済のゆくえを見極めたいとして様子見ムードが強かった」(国内証

券)という。

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>  

 10年国債先物中心限月・12月限(東証)137.35(+0.06)

                     137.21─137.54

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.525%(+0.025)

                     1.530%─1.495%

 円債市場は小反発した。年金勢の新規資金流入で安心感が広がったことが主因。ただ、

日経平均株価が上げ幅を拡大するなどの外部環境が重しとなり、騰勢を強めるには至らな

かった。週明けに予定される20年利付国債(8000億円、2028年9月20日償

還)を控えたポジション繰りが出た影響で、利回り曲線はスティープニングした。手掛か

り材料に乏しいうえ、週末とあって積極的な売買は手控えられたようだ。

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 10.0─11bp 銀行債(みずほ)5年 30─31bp

地方債(都債)10年 12.0─13bp 電力債(東電)10年 25─27bp

 一般債市場では、アーバンコーポレイション8868.T<0#8868=JFI>の国内普通社債

(SB)に額面100円を大きく下回る気配が観測された。アーバン第1回SB(償還

2009年12月)の気配は10円ビッドとなった。クレジット・デフォルト・スワップ

(CDS)市場では、指標となるiTraxxJapanシリーズ9ITXCK5JA=GFIの

プレミアムが低下した。米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)が大手投

資銀行リーマン・ブラザーズLEH.N買収に向けて交渉中との報道で、11日の米国株式

市場が続伸した流れを受けてタイト化した。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

スワップ金利(18時20分現在の気配)

   2年物 1.06%─1.02%

   3年物 1.15%─1.11%

   4年物 1.25%─1.21%

   5年物 1.33%─1.29%

   7年物 1.49%─1.45%

  10年物 1.73%─1.69%

 

 スワップ金利は小幅上昇した。市場参加者によると、金利変動幅は2年ゾーン1ベーシ

スポイント、3年ゾーン1.25bp、5年ゾーン1.5bp、7年ゾーン1.5bp、

10年ゾーン1.875bp、20年ゾーン1.875bp、30年ゾーン1.625b

p。イールドカーブは長期ゾーンにかけてスティープニングする形状となった。週末とあ

って閑散商状だったという。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           [東京 12日 ロイター]

各マーケット・レポートの全文は、それぞれのサマリーコメントの末尾にある

[]内をダブルクリックしてご覧下さい。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below