Reuters logo
UPDATE2: 10月8日の英中銀金融政策委、全会一致で50bp利下げを決定=議事録
2008年10月22日 / 09:02 / 9年後

UPDATE2: 10月8日の英中銀金融政策委、全会一致で50bp利下げを決定=議事録

 [ロンドン 22日 ロイター] イングランド銀行(英中央銀行)が22日公表した10月8日の金融政策委員会議事録によると、金融政策委は全会一致で50ベーシスポイント(bp)の協調利下げを支持した。

 同日は英中銀のほか、米連邦準備理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)などが50bpの協調利下げを実施した。

 議事録によると、同日の金融政策委員会ではキング総裁が協調利下げ案について説明。協調利下げへの参加の是非について政策委員の意見を求めた。

 金融政策委は、金融市場の混乱や過去1カ月の経済指標が急激に悪化しており、インフレ見通しのリスクが明らかに下方リスクにシフトしたと判断した。

 市場では、景気減速や金融市場の混乱を理由に、11月の金融政策委員会での追加利下げを予想する声が多い。

 議事録は「あらゆる状況が金融緩和の必要性を示している。現在の金融市場の混乱では、インフレ目標の達成のために最終的に必要になる利下げの規模は非常に判断が難しい」と指摘。

 現在5.2%のインフレ率については、しばらく高止まりするが、景気見通しの悪化により、賃金上昇につながるリスクは低下したとの見方を示した。

 「原油など多くの商品価格は下落している。為替レートは最近の下落から一部回復したが、不安定な展開が続いている。労働市場のスラック(緩み)も拡大しており、コスト圧力が賃金の高い伸びを促す可能性は以前より低下した」としている。

原文参照番号[nBOE001597](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nBOE001597]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below