January 13, 2009 / 7:48 AM / 11 years ago

上場銘柄の廃止基準を12月まで緩和、時価総額10億円未満を6億円に引き下げ=東証

 [東京 13日 ロイター] 東京証券取引所は13日、上場廃止基準を1月末から12月末まで緩和すると発表した。1部・2部銘柄の時価総額について、従来の10億円未満の基準を6億円未満に引き下げる。マザーズ銘柄についても5億円未満としていた時価総額の基準を3億円未満に引き下げる。時価総額の基準が9カ月の猶予期間内に回復しない銘柄は上場廃止となる。

 東証は、世界的な金融危機を受けた株価低迷によって、2008年10月から12月末まで上場廃止の時価総額基準の適用を停止していたが、1月以降は、基準を緩和して再開する。

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below