December 1, 2008 / 11:22 PM / in 11 years

UPDATE1: 今日の株式見通し=続落、景気悪化懸念や円高で8000円割れも

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225  8397.22 14691.41 7162.90

         -115.05 2008年1月4日 2008年10月27日

同12月限<0#2JNI:> 8400

東証株価指数    827.47

TOPIX先物   828

シカゴ日経平均先物 7760 (ドル建て)

          7765 (円建て)

--------------------------------------------------------------------------------

 [東京 2日 ロイター] 市場関係者によると、きょうの東京株式市場で日経平均は

続落する見通し。米国やヨーロッパの経済指標が予想を下振れて、市場は世界的な実体経

済の悪化を確認した一方、ドル/円為替が1ドル93円と円高が進んでいることを嫌気し、

国内株式も売りに押されそうだ。

 1日のシカゴ日経平均先物終値が7760円まで下落していることからも、きょうの日

経平均は再び8000円を割り込む可能性が高いという。市場では「もう一度、2番底を

確認する展開となりそうだ」(国内証券)との声が出ている。

 日経平均の予想レンジは7700円─8100円。

 

 「株式市場は、再び景気対策催促相場となった」──明和証券シニア・マーケットアナ

リストの矢野正義氏は、こう述べた。1日に発表された11月の米ISM製造業景気指数

は、1982年以来の低水準となり、米株市場は地合いが悪化。世界的な景気悪化への懸

念が強まり、急反落した。「米株は5日続伸して過熱感があった反動もあり、大きく下げ

た」(日興コーディアル証券エクイティ部部長の西広市氏)という。

 きょうの国内株式は、主力ハイテク株や自動車株など輸出関連を中心に、ほぼ全面安の

展開となりそうだ。1日の米国市場ではシティグループ(C.N)やバンク・オブ・アメリカ

(BAC.N)などの金融株が急落しており、国内でも銀行株などが連想で売られる可能性もあ

る。一方、取引時間中のドル/円為替動向によっては、株価が大きく振れることも予想さ

れる。

 日経平均は8000円を割った場合、下値のメドとして11月21日の7000円台の

水準が意識されそうだが、「8000円を割り込めば、下値で年金などの買いが入ると期

待している」(明和証券の矢野氏)との声も出ている。

 (ロイター日本語ニュース 石渡亜紀子記者)

(akiko.ishiwata@thomsonreuters.com;03-6441-1784;ロイターメッセージング:

akiko.ishiwata.reuters.com@reuters.net)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below