December 2, 2008 / 1:42 AM / 11 years ago

株式こうみる:海外勢の売りでクリスマス休暇前まで需給悪い=東海東京 鈴木氏

 <東海東京証券マーケットアナリスト 鈴木誠一氏>

 米商業銀行や欧州金融機関が12月の決算に向けてバランスシート圧縮の動きを進めている。欧米金融機関は保有する資産価格の下落が止まらず、自己資本が毀損している。公的資金の注入が追い付かない状況であり、BIS規制等に対応するため、流動性の高い日本株などが処分売りの対象になっている。クリスマス休暇前の12月第3週までは需給悪が続きそうだ。決算が一巡する来年1―3月には株価も落ち着くとみられるが、現在の株安がさらに景気を悪化させるという悪循環も予想される。株価対策を政策の最優先課題とすべきだろう。

 (東京 2日 ロイター)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below