December 12, 2008 / 4:44 AM / 11 years ago

ニューシティの買い手候補に大和証券系ファンドやオークツリーなど、買収金額は約1000億円の可能性=関係筋

 [東京 12日 ロイター] 経営破たんしたニューシティ・レジデンス投資法人の買い手候補に、投資会社のオークツリー・キャピタル・マネジメント、大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツなど数社が残ったことが明らかになった。買収金額は10億ドル(約1000億円)に上る可能性がある。複数の関係筋がロイターに述べた。

 日興シティグループ証券が売却のアレンジャーとなっている。関係者によると09年1月末にも2回目の入札が行われる見通し。

 ニューシティは10月に、東京地方裁判所に民事再生手続き開始の申し立てを行い、受理された。負債総額は1123億円だった。

 ニューシティは、2004年12月に東京証券取引所に上場した不動産投資信託(J─REIT)で、08年2月期は24億5300万円の当期利益を計上していた。リートの経営破たんとしては初の例だった。世界的な信用収縮の影響で日本の不動産市況も打撃を受け、取得する予定だった資産の決済資金や借入金の返済を調達できなくなったのが要因だった。

 オークツリーはこれまでにも日本のリートの投資に積極的で、関連会社のアップルリンゴ・ホールディングスがリプラス・レジデンシャル投資法人(8986.T)の48%を取得している。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below