February 6, 2009 / 12:40 AM / 10 years ago

〔外為マーケットアイ〕過去最大規模の米四半期入札、リパトリの円高リスクに警戒感

41/44円、NZドル/円NZDJPY=は47.02/05円付近。

 <08:00> 米上院銀行委員長が時価会計修正の可能性に言及、バンカメ国有化に反対

 前日海外市場で株価が上昇、円が下落した一因として、米上院銀行委員会のドッド委員長(民主党、コネチカット州)が5日、時価会計の修正が可能との認識を示したことを指摘する声が出ている。発言を受けて米株式市場では、国有化への懸念から4日に18年ぶり安値をつけたバンク・オブ・アメリカ(BAC.N)が反発した。ドッド委員長はバンカメの国有化についても賛成できないと述べている。

 <07:46> きょうの予想レンジはドル90.40―91.70円、円売り一服

 きょうはドル/円JPY=が90.40―91.70円、ユーロ/ドルEUR=が1.2730―1.2860ドルのレンジが予想されている。米国株の上昇を受けた前日海外市場での円売りが一服しており、1月雇用統計の発表を控えたイベント警戒感もあってドル/円は上値の重い展開になりそうだ。ただ、9日のガイトナー米財務長官による金融システム強化策発表への期待が強く、ドルは90円後半では底堅くなるという。市場では、金融機関の評価損計上を回避し、融資の促進につながる会計規則の変更が米政府の金融安定化策に盛り込まれるとの期待が浮上している。

 <07:03> ドル一時92.25円まで上昇、1カ月ぶり高値更新

 前日海外市場の取引でドルJPY=は、前日東京市場の安値から3円高の92.25円まで一時上昇。1月8日以来1カ月ぶりの水準を更新した。米株価の上昇を受けて円が全面安となったためで、ユーロ/円EURJPY=Rも同4円半高い118.91円と、1月29日以来の水準をつけた。現在はドルが91.15円付近、ユーロも116.60円付近に反落して取引されている。

 (東京 6日 ロイター)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below