Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(13日)
2009年4月13日 / 07:22 / 9年後

東京マーケット・サマリー・最終(13日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 

         ドル/円JPY=   ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=R

午後5時現在 100.62/67  1.3200/05  132.89/96

10日東京17時 100.42/47  1.3127/32  131.89/03

 午後5時現在のドル/円は、東京市場の10日午後5時時点から強含みの100円後半

で推移している。イースター休暇で海外勢の参加が乏しく、取引は閑散。ドル/円は

100円前半、ユーロ/円は132円を挟んでのレンジ取引を続けたあと、午後3時過ぎ

から対円、対ドルでユーロ買いが強まり、ドル/円が追随した。ただ、商いが薄いなかで

の短期筋の買いとみる声が多く、イースター休暇明けのトレンドを示唆するものではない

との声が多い。また、早朝に一時豪ドル買いが強まり、豪ドル/円AUDJPY=Rは一時半年

ぶり高値の73円台に急騰した。

 

  レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 8924.43円(39.68円安)

      8888.10―9024.45円 出来高 25億8660万株

 東京株式市場で日経平均株価は小反落。海外市場が休場で手掛かりが不足し、動意は薄

かった。トヨタ自動車(7203.T)の2期連続赤字見通し報道

で2010年3月期の企業業績見通しへの不安も出たが、業績低迷はある程度織り込み済

みとされ、押し目買いも入ったという。欧州年金筋による銀行株の買い戻しもみられたが

企業年金の売りで9000円から上値は抑えられた。

  レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時05分現在

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.109%

 3カ月物国庫短期証券流通利回り      0.200%(変わらず)

 ユーロ円3カ月金先(09年6月限)    99.430(+0.005)

             安値─高値    99.420─99.430

 2営業日後に始まる現金担保付き債券貸借(レポ)のジェネラル取引金利が上昇した。

準備預金の積み最終日にあたるため、資金需給がひっ迫したことが主因。無担保コール市

場でも通常よりは大手行の調達需要がみられたという。日銀は、恒例の現先方式による国

債買いオペを総額4兆円に増やし、過度な金利跳ね上がりをけん制した。一方、ユーロ円

3カ月金利先物は手掛かり材料難で動意薄だった。

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>

 10年国債先物中心限月・6月限(東証)136.70(+0.02)

                    136.54─136.75

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.450%(変わらず)

                        1.465%─1.450%

 国債先物の中心限月6月限は、前週末比2銭高の136円70銭とほぼ横ばい圏で取引

を終えた。海外市場の休場後とあって、国債先物は小動きに終始。午後は短期筋の利益確

定の売りで一時、下げ幅を広げる場面もあったが、上下ともに積極的な取引は手控えられ

日中の取引レンジは20銭程度にとどまった。

 現物市場では、国債増発の年限配分などを見極めたいとして投資家の様子見が続くなか

中期ゾーンがしっかり。新発5年債利回りは前週、一時0.9%近くまで上昇し「買い

やすさが増した」(国内証券)こともあって国内勢などの買いが優勢となり、利回りは同

1.5bp低い0.850%に低下した。一方、超長期ゾーンはあすの30年債入札、来

週の20年債入札を控えて軟調。10年債には午後終盤にかけて押し目買いが入り、長期

金利は前週末比同水準の1.450%での推移となっている。

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年   7.0─8bp 銀行債(みずほ)5年 56─57bp

地方債(都債)10年 15.0─16bp 電力債(東電)10年 22─23bp

 一般債市場では、三菱レイヨン3404.T<0#3404=JFI>の国内普通社債(SB)にタイト

な売り気配が観測された。オファーは第6回債(償還2012年12月)で国債流通利回

りにプラス50ベーシスポイント(bp)程度。三菱レイヨンによる英化学ルーサイト・

インターナショナルの買収に関して、中国商務省の認可が遅れているとの一部報道を意識

したディーラーが売りを出したとの見方があった。三菱レイヨンは2008年11月に現

金16億ドルでルーサイトを買収すると発表しており、2009年1月までに買収が完了

するとの見通しを示していた。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指

標となるiTraxxJapanシリーズ11ITJJP5Y=GFのプレミアムが295bpで

出合いを付け、前週末に比べて小幅ながらワイド化した。もっとも、主要海外市場の休場

などで材料に乏しく、動意薄の展開となった。

  

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

スワップ金利(17時10分現在の気配)

   2年物 0.81%─0.71%

   3年物 0.90%─0.80%

   4年物 0.99%─0.89%

   5年物 1.08%─0.98%

   7年物 1.25%─1.15%

  10年物 1.50%─1.40%

 スワップ金利は小幅上昇した。市場参加者によると、2年ゾーン0.125ベーシスポ

イント(bp)、3年ゾーン0.125bp、5年ゾーン0.25bp、7年ゾーン

0.375bp、10年ゾーン0.5bp、12年ゾーン0.375bp、15年ゾーン

0.5bp、20年ゾーン0.5bp、30年ゾーン0.375bp。これにより、イー

ルドカーブはほぼパラレルに上方にシフトする形状になった。「海外勢のフローが減り、

閑散商状だった」(邦銀)という。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 13日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below