March 11, 2010 / 8:34 AM / 10 years ago

UPDATE1: デフレに日銀も危機感、来週の決定会合に注目したい=野田財務副大臣

 [東京 11日 ロイター] 財務省の野田佳彦副大臣は11日午後の会見で、政府と日銀は緩やかなデフレ状況という認識を共有しており、日銀も危機感を持っているとし、16─17日に行われる日銀の金融政策決定会合を「注目したい」と語った。

 野田副大臣は、次回の日銀金融政策決定会合における追加緩和の可能性について「報道ベースでは追加的に何か出てくるとの話があるが、(日銀が追加緩和をするかは)まだわからない」と語った。

 その上で「緩やかなデフレ状況にあるとの認識を政府と日銀は共有している」とし「政府としては(2010年度の)本予算を通すことが最優先」と指摘。日銀に対しては「金融政策は日銀の判断であり、個別具体な話はわからないが、認識は一緒なので(日銀も)危機感を持っていると思う。来週の決定会合に注目したい」と追加緩和に期待感をにじませた。自身が決定会合に出席するかは「出られれば出たい」と述べるにとどめた。

 また、行政刷新会議が手掛ける独立行政法人や公益法人を対象とした「事業仕分け」第2弾に対する財務省のかかり方については「全面的に協力する」と語った。

 (ロイターニュース 伊藤純夫記者)

(sumio.ito@thomsonreuters.com; 03‐6441‐1834; ロイターメッセージング:sumio.ito.thomsonreuters.com@reuters.net)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below