Reuters logo
歳出や国債発行に歯止め設定、経済堅調でも健全化目標は達成できず=財政運営戦略
2010年6月22日 / 01:58 / 7年後

歳出や国債発行に歯止め設定、経済堅調でも健全化目標は達成できず=財政運営戦略

 [東京 22日 ロイター] 政府は22日の閣議で、中長期的な財政健全化目標と今後3年間の歳出・歳入の取り組みなどを示した「財政運営戦略」を閣議決定した。財政健全化目標には、基礎的財政収支(プライマリーバランス)の15年度までの赤字半減、20年度までの黒字化を掲げ、21年度以降に公的債務残高の対国内総生産(GDP)比の安定的な低下をめざす。目標達成に向け、11年度から13年度の3年間は国債費などを除いた「基礎的財政収支対象経費」(一般歳出と地方交付税)について10年度当初予算の71兆円程度を上回らないとしたほか、11年度の新規国債発行額を10年度当初の約44兆円以下にするよう「全力をあげる」ことなどを盛り込んだ。ただ、18日に決定した新成長戦略を実行して経済が堅調に推移しても、財政健全化目標は達成できないと試算している。

 民主党政権が財政再建に向けた戦略を打ち出すのは初めて。債務残高対GDPが180%超に達する厳しい財政事情や、欧州の財政危機など国際的に財政問題への関心が高まるなか、中長期の財政健全化目標を示すとともに、今後3年間の歳出・歳入の取り組みを「中期財政フレーム」として盛り込んだ。

 財政健全化目標では、収支(フロー)目標として、国・地方を合わせたプライマリーバランスを「2015年度までに対GDP比の赤字を2010年度から半減」させ、「2020年度までに黒字化」すると設定。その上で、残高(ストック)目標を「2021年度以降において、国・地方の公債残高の対GDP比を安定的に低下させる」と明記した。

 ただ、内外経済に「重大な危機」などが発生し、目標の達成が困難となった場合には達成時期の変更など「適切な措置」を講じるとし、閣議決定を前提に、目標に縛られて財政運営が機動性を失うことがないよう配慮した。

 財政健全化目標を達成するため、財政運営にあたっての基本ルールも設定。新たな政策を行う場合には「恒久的な歳出削減・歳入確保措置により、それに見合う安定的な財源を確保する」という、いわゆる「ペイアズユーゴー原則」を徹底。社会保障費のように構造的な増加要因となる経費についても「歳入・歳出の両面にわたる改革を通じて安定的な財源を確保していく」とした。

 「中期財政フレーム」では「11年度からの3カ年は強い経済・強い財政・強い社会保障を一体的に実現する第1ステージ」と位置づけ、歳出・歳入両面にわたる取り組みを強化する。

 歳出面においては、国の一般会計歳出のうち、国債費などを除いた「基礎的財政収支対象経費」を「歳出の大枠」と定め、10年度当初の71兆円程度を「実質的に上回らない」こととした。一方、新たな制度改正で恒久的な財源が確保された場合には、歳入増の範囲内で「歳出の大枠」に加算できるとし、財源が一時的な場合は「国債発行額の抑制」に活用する。

 歳入面では「財政健全化目標の達成に向けて、必要な歳入を確保していく」としながら、菅直人首相が言及した消費税増税の取り扱いに対して「税制の抜本的な改革を行うため、早急に具体的内容を決定する」との指摘にとどめた。こうした歳出・歳入の取り組みで、2011年度の新規国債発行額について「10年度予算の水準(約44兆円)を上回らないよう、全力をあげる」と明記した。各年度の予算編成にあたっては「各閣僚別の概算要求枠」を設定。毎年半ばごろをメドに翌年度以降3年間の新たな中期財政フレームに改訂する。

 もっとも、政府が併せて公表した試算によると、こうした取り組みを行うとともに、新成長戦略を実行して「2020年度までの平均で名目3%、実質2%を上回る成長」を実現しても財政健全化目標は達成できない。試算では、経済が堅調に推移する「成長戦略シナリオ」の場合、国・地方を合わせたプライマリーバランスは15年度に15兆円の赤字となり、10年度の30.8兆円の赤字から半減を達成するものの、20年度は13.7兆円の赤字と目標である黒字化には大きな開きが生じている。

 菅首相は、財政運営戦略を新成長戦略とともに今週末にかけてカナダで行われるG8(8カ国)・G20(20カ国・地域)サミット(首脳会議)で説明。日本の経済成長と財政再建に向けた取り組みについて各国の理解を得たい考え。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below