Reuters logo
コモンズ投信が「こどもトラスト」で500人を追加募集、順調なスタート
2010年7月6日 / 09:40 / 7年後

コモンズ投信が「こどもトラスト」で500人を追加募集、順調なスタート

 [東京 6日 ロイター] コモンズ投信は、同社が6月1日に300人募集でスタートした「こどもトラスト」に関し、更に500人の追加募集を始めた。

 同社によると、6月1日の募集開始以来、資料請求は最初の2─3日間で200件を超え、6月末時点で400件超になっている。「反響が大きく、7─8月中には口座開設ベースで300件に達する見通し」(同社、伊井哲朗CEO)で、「子どもの将来のためにというコンセプトに共感し、資料請求をしてくれるお客様が多いことに驚いている」(同氏)という。

 口座開設に踏み切る親の立場からは、条件を満たせば口座開設時や運用期間中に加算されるボーナス資金(3000円)に対する魅力もさることながら、「実際には大切なわが子のために、長期で安心して任せられる、受けられる金融サービスを待ち望んていたのかもしれない。かつては赤ちゃんファンドのようなものもあったが、ファンドを設定するだけではなかなかうまくいかなかった。大手ではまだなかなか難しいサービスかもしれない」(外資系投信)との声もあった。

 

 コモンズ投信の「こどもトラスト」は2005年に英国で導入された公的制度「チャイルドトラスト」の考え方をベースとした投資信託を活用したサービスで、加入できるのは0─15才以下、満20才でサービスが終了する仕組み。サービス加入時および3年後、5年後、7年後の計4回、条件を満たせば毎回3000円分の「コモンズ30ファンド」62006917JP.LPがボーナスとしてプレゼントされる点が同サービスのポイントになっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below