September 17, 2010 / 11:14 AM / 10 years ago

2030年世界の株式時価総額は145兆ドルに、中国が米国を抜き市場は激変=ゴールドマン

 [東京 17日 ロイター] ゴールドマン・サックスは16日、2030年までに中国の株式市場の時価総額が米国を追い抜くだろう、とするリポートを発表した。今後20年間で現在43兆ドルの世界の株式市場の時価総額は145兆ドルにまで増加すると予想。なかでも新興国市場が大幅に増加することで、世界の株式市場は激変するとしている。

 同社のティモシー・モウ氏は、新興国株式の時価総額は現在の14兆ドルから2020年には37兆ドル、2030年には80兆ドルに増加する可能性があると予想。世界の株式市場に占めるシェアも現在の31%からそれぞれ44%、55%に拡大する可能性があるとしている。このため、MSCI AC World指数におけるウエートも、現在の13%から2020年には19%、2030年には31%に拡大する見込みだ。

 一方、世界の株式市場の時価総額は現在の43兆ドルから2020年には83兆ドル、2030年には145兆ドルになると予想。先進国市場の株式時価総額見通しは、現在の30兆ドルからそれぞれ46兆ドル、66兆ドルとなっている。

 新興国の中でも成長著しい中国については、現在の5兆ドルから2030年には41兆ドルに増加する見通し。2030年の米国の時価総額は34兆ドルと予想しており、その結果、中国は2030年までには米国を抜き、単独で世界最大の株式市場になるとの見方だ。

 

 このため先進国の金融機関のアセットマネージャーは、新興国株式市場の規模拡大と相対的重要度の高まりを背景に、今後、新興国株式の組み入れ拡大を迫られるとの見方をしている。

 ゴールドマンによると、同社の推定では、先進国の投資ファンドにおける株式資産配分に占める新興国株式のウエートは現在6%。これが2020年には10%、2030年までに18%に拡大する可能性があり、今後20年間にネットで4兆ドルの新興国株式買いが生じるとみている。このため、機関投資家による新興国株式の保有比率の上昇が、将来的に新興国株式のボラティリティやバリュエーション変動の低下につながるとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below