September 27, 2010 / 3:30 PM / 9 years ago

武富士<8564.T>が28日午後に会社更生法申請で最終調整、過払い返還請求が重しに=関係筋

 [東京 28日 ロイター] 武富士8564.Tが、28日午後に会社更生法の適用を東京地方裁判所に申請する方向で最終調整していることがわかった。複数の関係筋が27日、明らかにした。利用者が過去に払いすぎた「過払い利息の返還請求」が経営を圧迫、武富士の業績は低迷しており、資金繰りも難しくなっていた。武富士単体の6月末負債総額は約4300億円。

 法的整理をすれば、過払い利息の一部がカットされるおそれがある。債務が圧縮できれば、武富士は経営再建を支援するスポンサーを探しやすくなる。

 

  <過払い利息が業績を圧迫>

 

 過払い利息の返還請求をめぐっては、06年に最高裁が判決で、利息制限法の上限を超えた金利を無効とする民法上の解釈を貸金業法にも厳格に適用するとした。これを受け、利用者が業者に対し過払い利息を返還請求する動きが活発化。貸金各社の業績を圧迫してきた。

 武富士も、過払い利息返還に備えた引当金の計上などが重しとなって業績が低迷。08年度に2561億円の当期損失を計上し、09年度も45億円の当期利益にとどまった。業績低迷によって信用力が低下。武富士は銀行などの後盾がない「独立系」のため、リーマン・ショック以降の市場環境の悪化で資金調達が難しくなっており、資産売却などを通じた厳しい資金繰りを余儀なくされていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below