October 29, 2010 / 11:53 AM / in 9 years

ハネックス<5267.T>とゼニパイプ<5274.OS>、経営統合の株式移転比率は1対1.88

 [東京 29日 ロイター] ハネックス5267.Tと日本ゼニスパイプ5274.OSは29日、すでに合意していた共同持ち株会社方式による経営統合について、統合契約書を締結したと発表した。

 株式移転比率は、ハネックスの株式1株に対し、共同持株会社の株式1株を交付し、日本ゼニスパイプの株式1株に対し、共同持ち株会社の株式1.88株を交付する。ハネックスはキャピタル・ストラテジー・コンサルティング、日本ゼニスパイプはさくら総合事務所に株式移転比率の算定を依頼した。

 両社は2011年1月21日にそれぞれ臨時株主総会を開催し、承認を得ることを目指す。

 両社は、下水道関連のコンクリート二次製品の製造・販売が主力。生産地域や営業商品などで補完性が高いため、生産拠点の統合や販売体制の拡充などで収益の向上を狙う。9月17日に基本合意し、詳細を詰めていた。

 両社の株式の売買最終日は2011年3月28日で、同29日に上場廃止となる予定。新会社株は11年4月1日に上場する見込み。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below