September 22, 2011 / 6:57 AM / in 8 years

セゾン投信がスパークスの日本株ファンドを投資対象に、資金流入は堅調

 [東京 22日 ロイター] セゾン投信は「セゾン資産形成の達人ファンド」62005984JP.LPの投資対象に、新たにスパークス・アセット・マネジメントが運用する「スパークス・長期厳選・日本株ファンド<適格機関投資家限定>」を追加した。

 今回追加したスパークス・アセットのファンドは、長期的な視点で企業の財務状況やビジネスの安全性などの分析を行った上で、今後グローバルで活躍が期待できる20程度の銘柄に集中投資を行うファンド。

 同ファンドが投資対象に加わったことで、「セゾン資産形成の達人ファンド」は、株式に投資するファンドが9本、国内外の株式と債券に投資するファンド1本、債券投資するファンドが1本──となった。8月末時点で実際に投資しているのは株式に投資するファンド8本と、株式と債券に投資するファンド1本の計9本。

 また、セゾン投信によると、株安・円高に見舞われた8月は、同社にとっては厳しい月だったが、その一方で、資金の純流入額(設定─解約)は10億円を超え、口座開設も700件を超えるなど好調だった。同社の平均した資金流入額は月7億円前後。9月についても、8月と同水準にまでいかないまでも、資金流入ペースは従来ペースを上回っているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below