January 27, 2011 / 12:11 AM / 8 years ago

〔金利マーケットアイ〕国債先物は下落幅を拡大、長期金利1.250%に上昇

〔金利マーケットアイ〕

  <17:47> 国債先物は下落幅を拡大、長期金利1.250%に上昇

 東証夜間取引(イブニングセッション)で国債先物は下落幅を拡大。S&P格下げ直後の段階では、日中終値を26銭下回る139円52銭だったが、同30銭下回る水準にまで下落する場面があった。長期金利の指標10年債利回りは、前日比2ベーシスポイント高い1.250%となっている。

 スタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ(S&P)が27日、日本の外貨建て・自国通貨建ての長期ソブリン格付けをAAからAA─に引き下げた。格下げは、日本の政府債務比率がさらに悪化するとの見方を反映した。マーケットでは日本の財政規律に対して警鐘を鳴らす役割になったと受け止めている。

  <17:00> 国債先物が下げ幅広げる、S&Pの格下げで

 東証夜間取引(イブニングセッション)で国債先物が下げ幅を広げ、一時、日中終値を26銭下回る139円52銭に下落した。S&Pが日本の長期ソブリン格付けをAAからAAマイナスに引き下げたため。長期金利の指標10年債利回りは、前日比0.5ベーシスポイント高い1.235%となっている。

  <15:40> スワップ金利は低下、7─10年に欧州系レシーブ

  

 スワップ金利は低下。市場参加者によると、金利低下幅はそれぞれ、2年ゾーン0.5ベーシスポイント(bp)、3年ゾーン0.875bp、5年ゾーン1.5bp、7年ゾーン1.875bp、10年ゾーン1.625bp、12年ゾーン1.5bp、15年ゾーン1.5bp、20年ゾーン1.125bp、30年ゾーン0.875bp。市場では「朝方は欧州系の7─10年ゾーンでのレシーブが強かった。超長期ゾーンにはアセットスワップ絡みのアンワインドがみられたようだ」(邦銀)との声が聞かれた。

  <15:18> 翌日物0.08─0.085%中心、ユーロ円金先は動意薄

 27日の短期金融市場で、無担保コール翌日物は0.08─0.085%中心の取引。大手邦銀で0.08%前後、地銀で0.085%での出合い。当座預金残高の減少がやや意識され、比較的しっかりした展開となった。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCレートはトムネ、スポネともに0.100─0.110%近辺とやや強含み。2本の金利入札方式の共通担保資金供給オペはともに札割れとなったが、レポを反映して、これまでよりは取り需要がみられた。日銀は国債買い現先オペを見送った。

 ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。中心限月2011年12月限は前営業日変わらずの99.625近辺で推移している。

 

  <15:02> 国債先物は続伸、長期金利1.225%に低下

 27日の国債先物は続伸。前場は前日の米債安などで売りが優勢となったが、後場は現物債での超長期ゾーンを売った資金が流れ込む格好で強含んだ。現物債では超長期ゾーン金利に上昇圧力がかかった。フラットニング・ポジションを解消する動きが観測された。一方、先物周り同様に、超長期債売り/中長期債買いの取引がみられた。業者の動きに加え、銀行勢を巻き込んだ押し目買いが散見された。

 財務省が実施した2年利付国債(301回、表面利率0.2%)の入札は良好な結果となった。募入最低価格が市場予想を上回り、応札倍率も5.33倍と今までの平均4.7倍程度を超えた。今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)に関しては、景気などの判断材料が十分ではないため、あまり声明文の内容やトーンに変化がなかった印象との声が聞かれた。 

 国債先物の中心限月3月限の大引けは、前営業日比17銭高の139円78銭。長期金利は同0.5bp低下の1.225%。

  <14:35> 金利入札の共通担保資金供給オペ、札割れ続く

 

 日銀が実施した2本の金利入札方式の共通担保資金供給オペはともに札割れとなった。共通担保資金供給オペ(全店、1兆4000億円、1月31日─2月21日)

は応札額が1兆3116億円、もう1本(全店、8000億円、2月2日─3月3日)は応札額が6580億円と、全額を落札した。市場では、オペの札割れについて「資金余剰感がある中、札割れとなったが、これまでよりは取り需要がみられた。レポGCレートが強含みにあり、オペで取ろうとする動きがやや強まった」(国内金融機関)との指摘があった。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCレートはトムネ、スポネともに0.100─0.110%近辺。総額2兆2000億円のオペに関しては「期落ち分と当座預金残高20兆円を意識すると総額規模に驚きはない」(同国内金融機関)との見方があった。

  <14:17> 国債先物プラス圏に浮上、中期から長期ゾーンで押し目買い

 

 国債先物はプラス圏に浮上。前引け段階で中心限月3月限は前日比6銭安の139円55銭だったが、足元は同5銭高の139円66銭近辺で推移している。市場では「材料に反応しているのではなく、需給要因で反転したもようだ。銀行を含めて市場参加者は超長期ゾーンを売って、中期から長期ゾーンにかけて押し目買いをいれたようだ」(国内証券)との見方が出ていた。長期金利は同0.5bp上昇の1.235%、5年債利回りは同変わらずの0.505%。

  <13:58> 超長期ゾーン金利への上昇圧力強まる、ボラ高まる

 

 超長期ゾーン金利への上昇圧力強まる。20年123回債利回りは一時、前営業日比3.5bp上昇の1.990%、30年33回債利回りは一時、前営業日比4bp上昇の2.150%での推移。市場では「前日にカーブがブルフラットして買われた反動。もっとも、大きなフローは入っておらず、規模の小さな買いで不安定に振れているようだ」(外資系証券)との声が聞かれた。ボラティティが高まる方向にある。一方で「月末が近いため、インデックスの長期化の動きが出始めるタイミング」(同外資系証券)との見方が出ていた。

  <12:45> 新発2年債に応札5.33倍、市場は「順調」と評価

 財務省が正午締め切りで実施した2年物国債入札は、応札倍率が5.33倍に達し、市場で「順調な結果だった」(みずほインべスターズ証券)との声が広がっている。最低落札価格は100円0銭5厘、平均は100円0銭6厘だった。銀行勢の需要が背景にあるとみられる。

  <11:23> 翌日物0.08─0.085%中心、ユーロ円金先は小動き

 

 午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物は0.08─0.085%中心の取引。メガバンクのビッドが0.08%に入っていたことから、比較的しっかりした展開となった。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCレートはトムネ、スポネともに0.10─0.105%近辺と横ばい圏。日銀が実施する金利入札方式の共通担保資金供給オペは連日、応札額が予定額に満たない「札割れ」になるなど、市場では資金余剰感が強まっており、金利は上昇しにくい状況にある。日銀は国債買い現先オペを見送った。

 ユーロ円3カ月金利先物は小動き。中心限月2011年12月限は前営業日より0.5ティック高い99.630近辺で推移している。

  <11:13> 国債先物は反落で午前終える、長期金利1.240%に上昇

 国債先物は反落して午前の取引を終えた。インフレ懸念などを背景に、米債市場が売られた流れを引き継いだ。中心限月3月限は寄り付き直後に前日比27銭安の139円34銭まで売られたが、中期ゾーンに銀行の買いが入ったことをきっかけに下げ幅が縮小。その後はもみ合う展開となった。現物債では超長期ゾーンが重い。フラットニング・ポジションを解消する動きが観測された。

 国債先物の中心限月3月限の前引けは、前日比6銭安の139円55銭。長期金利は同1bp上昇の1.240%。

  <10:30> 2年債クーポン0.2%に決定、入札は無難予想

 財務省が正午締め切りで入札を実施する2年物国債(2兆6000億円、2013年2月15日償還)のクーポンが前回債と同じ0.2%に決まった。回号は301回。

 市場では、日銀の潤沢な資金供給を背景に資金余剰感が強まっており、「キャッシュ潰しニーズが2年債に集まる構図は変わらない」(国内証券)と、無難に消化されるとの見方が多い。

  <10:18> 国債先物は下げ幅縮める、中期ゾーンに銀行の買い

 

 国債先物は下げ幅縮める。中心限月3月限は寄り付き直後に前日比27銭安の139円34銭まで売られたが、現在は同8銭安の139円53銭近辺で取引されている。

 市場では中期ゾーンに銀行の買いが観測されており、これが先物の下げ幅縮小につながったとの見方が出ていた。

  <10:03> 超長期ゾーン甘い、フラットニングの解消

 超長期ゾーン甘い。カレント33回債利回りは前日比2.5ベーシスポイント上昇の2.135%、20年123回債利回りは同1bp上昇の1.965%になっている。市場ではフラットイング・ポジションを解消する動きが観測されており、こうしたフローが金利上昇につながっている公算が大きい。

 市場では「前日に良いレベルまでフラットしたので、そのアンワインドが入っている」(外資系証券)との声があった。

  <09:33> GCレポ横ばい圏、国債買い現先オペ見送り

  

 レポ(現金担保付債券貸借取引)GCレートは前日比で横ばい圏。市場参加者によると、トムネ、スポネともに0.10─0.105%近辺で推移している。日銀が実施している金利入札方式の共通担保資金供給オペは連日、応札額が予定額に満たない「札割れ

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below