March 24, 2011 / 10:12 AM / 8 years ago

UPDATE1: フィリピン中銀、翌日物借入金利を25bp引き上げ4.25%に

 [マニラ 24日 ロイター] フィリピン中央銀行は24日、政策金利である翌日物借入金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げ4.25%とした。市場の予想通りだった。

 世界的な金融危機以来、初めての利上げとなる。

 フィリピン中銀は2009年7月以降、翌日物借入金利を過去最低の4.00%に据え置いていた。

 世界的な商品価格の高騰とこれに伴うインフレ率上昇を受け、アジアの他の主要国の中銀が利上げを実施するなか、フィリピン中銀が遅れを取る可能性が懸念されていた。

 同中銀の金融政策委員会は、6週間ごとに金利決定会合を開く。

 

 中銀は今回の利上げがなければ、2011年のインフレ率は目標レンジの3─5%を上回ったとの見方を示した。

 また、2012年の新たなインフレ率見通しを3.4%とし、2月時点の見通しの3.5%から若干引き下げた。

 フィリピン政府は2011年と12年のインフレ目標を3─5%としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below