June 10, 2011 / 6:57 AM / 7 years ago

DIAMアセット、「ネット証券専用ファンドシリーズ 新興国中小型株ファンド」を7月22日設定

 [東京 10日 ロイター] DIAMアセットマネジメントは「ネット証券専用ファ

ンドシリーズ 新興国中小型株ファンド」を7月22日に設定する。

 今後の成長が期待できる新興国の中小型株式等が投資対象。運用はみずほ第一フィナン

シャルテクノロジー(FT社)の投資助言を活用し、低ボラティリティ運用戦略に基づい

て銘柄を選定。FT社とDIAMが共同開発した「マルチファクターモデル」を活用し、

超過収益の獲得をめざす。為替ヘッジはおこなわない。

 「低ボラティリティ運用戦略」とは、変動率(ボラティリティ)の小さい銘柄を中心に

ポートフォリオを構築し、ポートフォリオ全体のボラティリティを極力小さくすることで

投資効率の向上を図る戦略。また「マルチファクターモデル」は、バリューファクター

(要因)やグロースファクター(要因)等を活用することで、値上がり期待の高い銘柄を

選別する独自の計量モデルのこと。

 ファンドの詳細は以下のとおり。

    設定上限額:1000億円

    分類   :追加型/海外/株式 

    手数料  :なし

    信託報酬 :純資産総額に対して年率1.995%(税込み)

    販売会社 :カブドットコム証券、SBI証券、楽天証券、マネックス証券

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below