November 18, 2011 / 6:18 AM / 8 years ago

ホットストック:オリンパス<7733.T>急反落、悪材料続出で再び上場廃止観測高まる

 [東京 18日 ロイター] オリンパス(7733.T)が急反落。一時、前日比135円安(18.0%)まで下落し、引けは122円安の625円となった。悪材料続出で再び上場廃止観測が高まり、短期筋からの売りが強まった。

 ニューヨーク・タイムズは18日、日本の当局がオリンパスの会計上3760億円(48億8000万ドル)が不明になっている点とともに、犯罪組織が関与した可能性を捜査していると伝えた。前日まで上場維持観測の買い戻しが入り切り返していた同社株に再び売りが殺到した。市場では「犯罪組織が関与しているとすれば上場廃止の可能性は高くなる」(国内証券情報担当者)との声が出ている。

 

 また共同通信は18日、オリンパスの損失隠し問題で、東京地検特捜部は、損失先送りへの関与を認めた菊川剛前会長兼社長ら旧経営陣3人を今週末にも任意で事情聴取する方針を固めたと報じた。

 三菱東京UFJ銀行など三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)の4社は、保有するオリンパス株を一部売却。4社の保有比率は10%から7.61%に低下した。この点についても「日本生命など大株主が次々と株式を売却していることが明らかになっている。株価が切り返したことで戻り売りも増えそうだ」(同)との見方が出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below