Reuters logo
〔ロイター調査〕4月米耐久財受注は+1.0%、航空機受注の増加で
2007年5月23日 / 05:07 / 10年後

〔ロイター調査〕4月米耐久財受注は+1.0%、航空機受注の増加で

 [ニューヨーク 22日 ロイター] ロイター調査によると、米商務省が24日発表する4月の米耐久財受注は、航空機受注の増加を背景に前月比1.0%増加(予想中央値)する見通し。

 調査はエコノミスト72人を対象に実施。予想レンジは2.0%減―3.1%増。3月の耐久財受注は前月比3.7%増だった。

 調査では、設備投資の状況を判断する指標としてエコノミストや金融市場が注目する航空機を除く非国防資本財の項目も上昇すると予想されている。

 4月の耐久財受注は米東部時間午前8時半(日本時間午後9時半)に発表される。

 エコノミストのコメントと予想値は以下の通り。

 ◎野村証券インターナショナルのチーフエコノミスト、デビッド・レスラー氏(予想値:1.6%増)

 強い航空機需要が引き続き、全体をけん引するだろう。米ボーイング(BA.N)の4月の航空機受注が非常に好調だったことから、耐久財受注は全般的に堅調な伸びとなりそうだ。

  

 ◎UBSインベストメント・リサーチ(予想値:1.5%増)

 航空機を除く非国防資本財は3月、堅調な伸びを示したが、弱かった1月と2月を補うには至らなかった。第1・四半期全体としては、前年同期比15.5%減少するだろう。4月の米耐久財受注は恐らく再び増加し、景気後退時のような弱さとなった数カ月前からやや回復するとみられる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below