Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(28日)
2007年5月28日 / 08:18 / 10年前

東京マーケット・サマリー・最終(28日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   121.67/72円  ユーロ/円 163.75/83円

 ユーロ/ドル 1.3460/65ドル

 午後5時過ぎのドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点から小動きの121円半ば

で取引されている。きょうは英米などの海外が休日にあたり、東京市場も見送りムードが

強く、取引は閑散となった。ドルは前週末海外市場でつけた約3カ月ぶり円安水準から小

幅に調整した121円半ばでもみあいが続いた。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 17587.59円(106.38円高)

      17544.67円─17630.37円 出来高 15億6871万株

 東京株式市場で日経平均は反発。1万7500円後半で引けた。米中の株高や円安、非

鉄市況の反発などを手掛かりに買い戻しが優勢となった。ただ米国や英国などの海外市場

が28日は休場となるため国内市場も盛り上がりに欠け、売買は低調。東証1部の売買代

金は今年最低(半日立会いを除く)だった。業種別では鉄鋼株や非鉄株が高かった。

 東証1部の騰落数は、値上がり1125銘柄に対し、値下がり468銘柄、変わらずは

131銘柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時現在

●無担保コール翌日物金利      0.527%(加重平均レート)

●3カ月物FB流通利回り      0.560%(─0.005)

●ユーロ円3カ月金先(07年12月限)  99.040(─0.005)       

              安値/高値   99.035─99.050

 きょうの短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均金利は0.527%となった

。25日の加重平均金利(0.519%)に比べて高い水準での取引が続いた。外銀の一

部は0.5%半ばまでレートを上げて資金を調達、準備預金の積みを順調に進める邦銀勢

もしっかりと調達意欲を示した。また、今週は月末を控えていることに加えて国債発行日

などの資金不足日が重なるため、1週間程度のショートタームの資金への需要が強い。

 

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>  17時現在

 10年国債先物中心限月・6月限(東証)133.43(変わらず)

                    133.24─133.53

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.725%(+0.005)

                     1.735%─1.720%

 110年国債先物中心限月6月限は前週末終値と変わらず。朝安後は6月の国債大量償

還やインデックス年限長期化など良好な需給環境が意識されて買い戻しが入った。もっと

も、手掛かり材料に乏しい中、国内勢の現物買いは長続きせず、引けにかけては29日の

2年利付国債入札に備えた調整売りに押された。

   

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 9.0─10.0bp 銀行債(みずほ)5年 11─12bp

地方債(都債)10年 9.0─10.0bp 電力債(東電)10年 12─13bp

 一般債市場では、日本航空(JAL)9205.T<0#9205=JFI>の子会社日本航空インター

ナショナル<0#9201=JFI>の国内普通社債(SB)が一段とタイト化。スプレッドの気配は

残存期間2年超で160ベーシスポイント(bp)オファー。25日の出合い172bp

からタイトニング。マーケットでは、JALが主力取引銀行に対して要請している資本支

援が実行されるとの見方が強まっており、子会社の資金繰りにもプラス材料と受け止めら

れている。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、エルピーダメモリ

6665.T<0#6665=JFI>が44bpと横ばい圏で出合った。プレミアムの厚みに注目した取

引。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

スワップ金利(16時30現在の気配)

   2年物 1.10%─1.06%

   3年物 1.25%─1.21%

   4年物 1.38%─1.34% 

   5年物 1.49%─1.45%

   7年物 1.69%─1.65%

  10年物 1.92%─1.88%

 スワップ金利は小幅上昇。日銀の金融政策に絡む思惑や29日正午に締め切る新発2年

債入札を控えた調整などから、中短期ゾーンを中心に払いが強まったのが背景。各年限の

金利は、前営業日と比べてパラレルに0.75ベーシスポイント上向いた。

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 28日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below