Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(29日)
2007年5月29日 / 07:41 / 10年前

東京マーケット・サマリー・最終(29日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   121.28/30円  ユーロ/円 163.17/26円

 ユーロ/ドル 1.3453/58ドル

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ロンドン市場の午後3時時点から小幅安の121円前

半で取引されている。朝方発表された4月完全失業率が約9年ぶりの低水準となったこと

や円金利の上昇などを受け、これまで売り込まれていた円に利益確定の買い戻しが強まっ

た。ただ、その後は円買い材料が乏しいことから再び円売りの地合いに戻り、一進一退の

値動きとなった。夕方の取引では、欧州勢によるドル売り仕掛けからユーロ/ドルが急

伸。英ポンドや豪ドルなども対米ドルで上昇している。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 17672.56円(84.97円高)

      17521.64円─17700.52円 出来高 17億7905万株

 東京株式市場で日経平均は続伸。1万7600円台後半で引けた。休日の関係で海外勢

が不参加となるなか、前日に続き商いは低調だったが、個別材料株を中心に買いが優勢な

展開となった。新興株式市場が上昇したことや銀行株が堅調な動きとなったことも、個人

投資家などに安心感を与えたという。

 東証1部の騰落数は、値上がり1110銘柄に対し、値下がり484銘柄、変わらずは

128銘柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時現在

 無担保コール翌日物金利      0.526%(加重平均レート)

 3カ月物FB流通利回り      ──    (出合いなし) 

 ユーロ円3カ月金先(07年12月限)  99.030(─0.010)

           安値/高値   99.020─99.030

 きょうの短期金融市場で、ユーロ円3カ月金利先物は上値が重かった。朝方に発表され

た経済指標が強めの結果となったことで、日銀の追加利上げに対する警戒感が一段と強ま

り、短期金利に上昇圧力がかかっている。無担保コール市場では、月末を控えていること

などから翌日物や月末を挟んだターム物が引底堅く推移した。

 

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>  

 10年国債先物中心限月・6月限(東証)133.17(─0.26)

                    133.07─133.32

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.750%(+0.025)

                     1.755%─1.740%

 10年国債先物中心限月6月限は前日終値に比べて下落して引けた。4月完全失業率や

4月家計調査などの指標が軒並み強い内容となったを受けて日銀の早期利上げ懸念が強ま

った。午後に発表された2年利付国債入札結果が順調な内容となったことをきっかけに下

げ渋る場面もあったが、先物を中心に売り圧力が強く軟調な展開が続いた。10年最長期

国債利回り(長期金利)は一時1.755%と1月15日以来4カ月ぶりの水準に上昇し

た。

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 9.0─10.0bp 銀行債(みずほ)5年 11─12bp

地方債(都債)10年 9.0─10.0bp 電力債(東電)10年 12─13bp

 一般債市場は閑散。長期金利が上昇(価格は低下)した局面で、必ずみられた押し目買

いもなく、投資家は様子見となった。マーケットでは、長期金利の急上昇を織り込みきれ

ていないとの見方が多い。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、ソフ

トバンク<0#9984=JFI>(9984.T)が横ばい圏の230bpで取引された。スプレッドの厚い

銘柄を物色する動きとみられている。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(15時15分現在の気配)

   2年物 1.12%─1.08%

   3年物 1.27%─1.23%

   4年物 1.40%─1.36% 

   5年物 1.52%─1.48%

   7年物 1.71%─1.67%

  10年物 1.94%─1.90%

 スワップ金利は上昇。4月の完全失業率(季節調整値)が1998年3月以来の3%台

になるなど強い内容の指標が出そろったことを受け、早期利上げ観測が広がった。先物ゾ

ーンを中心とした払いが優勢となり、イールドカーブは中長期にかけてフラットニングし

た。

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 29日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below