June 1, 2007 / 1:20 AM / 12 years ago

英BAE、三菱重<7011.T>と戦闘機の生産ライセンス供与で交渉

 [東京 1日 ロイター] 航空宇宙・防衛産業大手の英BAEシステムズBA.Lは31日、同社の戦闘機「ユーロファイター・タイフーン」の生産ライセンス供与について三菱重工業(7011.T)と交渉中であることを明らかにした。同社のグループマネージングディレクターであるナイジェル・ホワイトヘッド氏がロイターのインタビューで語った。三菱重工は、米防衛産業大手などから生産ライセンス供与を受け、戦闘機やミサイルの生産を手がけているが、BAEとの大型プロジェクトは初めて。

 

 同氏はユーロファイターの生産ライセンス供与について「現段階で三菱重工を中心に話を進めている。戦闘機の生産能力では、日本勢の中でも抜群なのは明らか」と述べた。ただし「(ライセンス供与は)三菱重工にのみ限定するものではない」とした。

 

 これまで日本の防衛装備品市場では、米企業の影響力が大きく、欧州企業の参入が困難だったが、日本政府は、今後2年以内に訓練機を含めた「F―4」戦闘機60機のユーロファイターへの切り替えを検討していることを明らかにしていた。

 

 三菱重工は、米ボーイング(BA.N)からのライセンスによる「F―15J」戦闘機や、同レイセオン(RTN.N)の「パトリオットミサイル」、同ロッキード・マーチン(LMT.N)のミサイル垂直発射装置などを生産している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below