Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(4日)
2007年6月4日 / 07:38 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(4日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   121.99/04円    ユーロ/円 164.02/12円

 ユーロ/ドル 1.3443/48ドル

 午後5時過ぎのドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点からほぼ変わら

ず、122円挟みで取引されている。前週末の海外市場では、予想を上回る米経済指標を

好感してドル約4カ月ぶりのドル高/円安水準まで上昇したが、週明けの東京市場では一

段のドル買い/円売りを手がける材料に乏しく、高値圏で伸び悩みとなった。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 17973.42円(14.54円高)

      17973.42円─18071.80円 出来高 25億5192万株

 東京株式市場で日経平均は続伸したものの、寄り付きの1万8000円台を維持でき

ず、1万7900円台後半で大引けとなった。先週の急速な上昇ピッチを受けて短期筋が

いったん売りに傾いたとの観測も出ており、一服感が出る形となった。

 東証1部の売買代金は、3兆2692億円。

 業種別では鉄鋼株が活況で、新日本製鉄(5401.T)や住友金属工業5405.Tが年初来高値

を更新したほか、神戸製鋼所(5406.T)やJFEホールディングス(5411.T)も堅調だった。

 東証1部の騰落数は、値上がり913銘柄に対し、値下がり673銘柄、変わらずは

141銘柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時33分現在

 無担保コール翌日物金利      0.504%(加重平均レート)

 3カ月物FB流通利回り      ──    (出合いなし) 

 ユーロ円3カ月金先(07年12月限)  99.015(変わらず)  

           安値/高値   99.005─99.020

 4日の短期金融市場で、無担保コール翌日物は0.50%付近で落ち着いた取引が続い

た。月末を越えて数日たち、市場は落ち着きを取り戻している。ターム物やレポ金利も安

定して推移している。ユーロ円3カ月金利先物は安値圏で一進一退の値動きとなった。前

週末の米債市場の下落、朝方の株高/債券安を受けて売りが先行したが、一段と売りを進

めるには材料不足で、徐々にもみあいに転じた。

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>  

 10年国債先物中心限月・6月限(東証)132.74(─0.12)

                    132.59─132.80

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.795%(+0.020)

                     1.800%─1.790%

 10年国債先物中心限月6月限は前週末終値に比べ続落して取引を終えた。前週末の米

債市場が強い景気指標を受けて下落したことなどを嫌気し、先物・現物ともに売りが先

行。10年最長期国債利回り(長期金利)は、一時昨年10月25日以来約7カ月半ぶり

に1.8%に上昇した。もっとも、売り一巡後は先物への買い戻しや現物への押し目買い

の動きが観測され、次第に下げ幅を縮小。夜間取引では堅調に推移した。

 

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 7.0─8.0bp 銀行債(みずほ)5年  8─ 9bp

地方債(都債)10年 8.0─9.0bp 電力債(東電)10年 12─13bp

 

 一般債市場では、ソフトバンク<0#9984=JFI>(9984.T)の国内普通社債(SB)がタイト

ニング。スプレッドは残存期間2年半で120ベーシスポイント(bp)オファー、

140bpビッドと、1日の気配(仲値)から10bp程度タイト化。スタンダード&プ

アーズ(S&P)が1日、ソフトバンクの長期格付けを引き上げたことが評価された。ク

レジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、NEC(6701.T)<0#6701=JFI>のプ

レミアムが5月30日の出合いから1bpタイトの15bpで取引された。ストラクチャ

ードファイナンス(証券化商品)に絡む動きとみられている。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(17時10分現在の気配)

   2年物 1.16%─1.12%

   3年物 1.32%─1.28%

   4年物 1.45%─1.41% 

   5年物 1.57%─1.53%

   7年物 1.76%─1.72%

  10年物 1.98%─1.94%

 スワップ金利は、前営業日夕方と比べて2─5年ゾーンで1.375─2ベーシス・ポ

イント(bp)程度、7─10年ゾーンで2.125bp程度、20─30年ゾーンで

2.25bp程度の上昇となった。

 スワップ市場は、現物債とともに朝方は金利が上昇したが、取引一巡後は株価の伸び悩

みなどを受けて金利上昇が一服。ポジションの巻き戻しに伴う受け払いが中期ゾーンを中

心に交錯したという。イールドカーブはベア・スティープニングした。

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 4日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below