Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(14日)
2007年6月14日 / 07:16 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(14日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   122.93/95円    ユーロ/円 163.51/53円

 ユーロ/ドル 1.3298/03ドル

 

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅上昇の

122円後半で取引されている。低金利の円に売り圧力がかかる中、世界的な株安と金利

上昇の一服を受けて、午後に入ってもドル買い/円売りが進みドル/円は4年半ぶり円安

水準を更新。夕方にかけては123円手前での攻防となった。きょう発表の5月米卸売物

価指数など米国の主要な経済統計が強い数字を示せば、さらにドル買いに弾みがつくとの

みられている。  

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 17842.29円(109.52円高)

      17815.30円─17875.02円 出来高 18億5461万株

 東京株式市場では、日経平均が反発。米長期金利が上げ一服となったことや、円安の進

行をにらんで輸出関連株や資源関連株を中心に買いが先行した。しかし、買い一巡後は米

国金利の行方を占ううえで注目される米物価統計の結果を確認したいとして様子見ムード

が強まり、1万7800円台でこう着。1日の上下値幅は約60円と、狭いレンジ取引に

なった。

 東証1部の騰落数は、値上がり1217銘柄に対し、値下がり372銘柄、変わらずは

135銘柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時現在

 無担保コール翌日物金利    0.486%(加重平均レート)

 3カ月物FB流通利回り    0.630%(─0.010)

 ユーロ円3カ月金先(07年12月限)98.955(+0.015)

           安値/高値 98.940─98.965

 きょうの短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均金利は0.486%と前日の

0.503%から低下した。準備預金の積み最終日をあすに控えているが、資金調達意欲

は高まらなかった。財務省が行った1年物割引短期国債(TB)入札では、最高落札利回

りは前回債から上昇し0.8849%となり、同TBの発行が始まった1999年4月以

来、もっとも高い落札金利水準をつけた。ユーロ円3カ月金利先物は底堅い展開だったが、

あすの日銀イベントを前に様子見になっていた。

  

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)131.12(+0.07)

                    131.06─131.34

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.955%(─0.010)

                     1.955%─1.940%

 10年国債先物中心限月9月限は前日終値に比べて反発して引けた。前日海外市場で米

債相場が大きく買われたことを受けて買いが先行した。もっとも15日に公表される日銀

金融政策決定会合の結果や15日の福井日銀総裁会見を見極めたいとして様子見ムードが

広がり、日中は小幅な値動きとなった。現物市場では、割安感が出た中期ゾーンに買いが

入った。

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 6.0─6.5bp 銀行債(みずほ)5年 7.0─8bp

地方債(都債)10年 8.0─9.0bp 電力債(東電)10年 8.5─9bp

 一般債市場では、米シティグループ(C.N)<0#1226=JFI>のサムライ債(円建て外債)に

入れ替え売買がみられた。既発債を売り、14日に起債した新発債を買う取引となった。

既発債のスプレッド気配(仲値)は、残存期間5年で10ベーシスポイント(bp)程度

で横ばい。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、

ソフトバンク(9984.T)<0#9984=JFI>が小幅上昇。5年物のプレミアムは208bpで取引

された。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

スワップ金利(17時現在の気配)

   2年物 1.24%─1.20%

   3年物 1.44%─1.40%

   4年物 1.60%─1.56% 

   5年物 1.73%─1.69%

   7年物 1.95%─1.91%

  10年物 2.17%─2.13%

 スワップ金利は、前日夕方と比べて中短期ゾーンが1─2.5ベーシス・ポイント(b

p)程度の低下、長期ゾーンが1─2bp程度の低下、超長期ゾーンが0.125─

0.75bp程度の上昇となった。イールドカーブは5年以降でスティープニングした。

 スワップ市場は5年を中心にした中期ゾーンが受け優勢の展開。日銀の早期利上げ懸念

などを背景に金利上昇圧力が掛かっていたが、8月の利上げをほぼ織り込んだこともあ

り、払いに一服感が出た。

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 14日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below