Reuters logo
為替こうみる:円安進展は一時的、円買い戻しの流れ変わらず=香港上海銀行 花生氏
2007年6月13日 / 05:25 / 10年後

為替こうみる:円安進展は一時的、円買い戻しの流れ変わらず=香港上海銀行 花生氏

 <香港上海銀行 外国為替営業部長 花生浩介氏>

 昼過ぎから強まった円安は最近の円買い戻しの修正だ。円買い仕掛けが失敗した後のテクニカルな動きだと見ている。世界的に長期金利が上昇、株にも売りが強まっており、投資環境の悪化を受けて投資家がポジションを縮小する流れは変わっていない。ポジションの縮小過程では、今まで買われていたユーロなどが売られ、売られていたドルと円が買われやすくなる。ドル買いには、米国へのリパトリエーション(資金の本国還流)という側面もある。ドル/円は高値圏のもみあいが続くだろう。

 ドル/円はテクニカル上のポイントとされる年初来高値122.20円を超えたが、円が独歩安となっているわけではない。ユーロ/ドルは2カ月半ぶり水準に下落し、ドル/スイスフランも上昇を見せるなど、欧州通貨の伸び悩みも目立つ。円は4年半ぶり円安水準とやや水準が低くなったが、投資家のスタンスがポジション縮小方向にある限り、円買い要因が残る。

 (東京 13日 ロイター)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below