Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(19日)
2007年6月19日 / 07:39 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(19日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   123.64/69円   ユーロ/円  165.77/84円

 ユーロ/ドル 1.3405/10ドル

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらず

123円半ばで取引されている。ユーロ/円が一時166.12円まで上昇し史上最高値

を更新、低金利の円が売られる流れは変わらず、ドル/円も123円半ばでしっかりの展

開が続いた。市場では、きょう19日に発表される欧米経済指標でユーロやドルが上下す

る可能性があるものの、円は売り圧力の強い状況が続くとの見方が大勢を占めている。

 

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 18163.61円(14.09円高)

      18103.56円─18163.61円 出来高 19億4898万株

 東京株式市場で日経平均は小幅ながらも4日続伸。米国株式市場が4日ぶりに下落した

ことで一服感が強まり利益確定売りが先行したが、下値も堅く引け際のインデックス買い

でプラスに転じた。全般は前日終値付近を中心とした狭いレンジでのもみあいとなった。

 東証1部の騰落数は、値上がり467銘柄に対し、値下がり1147銘柄、変わらず

115銘柄。日経平均は小幅高となったものの、全体的には利益確定売りが優勢な展開だ

った。TOPIXは7.90ポイント安の1780.49だった。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時36分現在

 無担保コール翌日物金利    0.519%(加重平均レート)

 3カ月物FB流通利回り    0.625%(─0.005)

 ユーロ円3カ月金先(07年12月限)98.970(─0.005)

           安値/高値 98.965─98.985

 きょうの短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートは、前日の0.516

%からほぼ変わらず、0.519%となった。午前から外銀勢の資金調達意欲が強かった

が、レートを0.5%半ば以上に上げて資金を取り上がるような動きにはならなかった。

ユーロ円3カ月金利先物は、上値が重い。市場では7月利上げの観測がある程度後退し、

金先は前週の急落の後いったんは底堅くなっているものの、上値を追っていく雰囲気にも

なりにくい。

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>  18時現在

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)131.35(─0.29)

                    131.33─131.80

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.925%(+0.035)

                     1.925%─1.865%

 10年国債先物中心限月9月限は前日終値に比べて反落して引けた。前日の米債高を好

感した買い戻しが一巡した後は、現物中期ゾーンに国内勢の売りが観測されたのをきっか

けに下落に転じた。日銀の早期利上げが警戒される中、海外勢のまとまった売りが出て国

債先物は下げ幅を拡大。現物市場では10年最長期国債利回り(長期金利)が一時前日比

3.5ベーシス・ポイント(bp)高い1.925%と2営業日ぶりに1.9%台に上昇

した。

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 6.0─6.5bp 銀行債(みずほ)5年 7.0─8bp

地方債(都債)10年 8.0─9.0bp 電力債(東電)10年 8.5─9bp

 一般債市場では、サッポロホールディングス(2501.T)<0#2501=JFI>の国内普通社債(S

B)に売り物がみられた。スプレッドの気配は残存期間4年で25ベーシスポイント(b

p)オファー。マーケットでは、サッポロHDが発行を検討しているSBに絡んだ動きと

みている。同社は投資家保護策、買収防衛策の観点から期限前償還条項付きで発行する方

向で、21日にも起債する予定。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、

アコム(8572.T)<0#8572=JFI>が小幅低下。5年物のプレミアムは27.5bpで取引され

た。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(17時20分現在の気配)

   2年物 1.22%─1.18%

   3年物 1.40%─1.36%

   4年物 1.56%─1.52% 

   5年物 1.69%─1.65%

   7年物 1.91%─1.87%

  10年物 2.14%─2.10%

 スワップ金利は、前日夕方と比べて中期ゾーンで1─3ベーシス・ポイント(bp)程

度、長期ゾーンが2.5─3bp程度、超長期ゾーンが2─2.5bp程度の上昇となっ

た。イールドカーブは7年を中心に中膨らみとなった。

 スワップ市場は閑散とした取引。日銀は8月にも追加利上げに踏み切るとの見方から国

債先物が反落したのを受けて7年を中心に金利上昇圧力がかかった。

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 19日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below