Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(21日)
2007年6月21日 / 08:39 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(21日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   123.67/69円    ユーロ/円  165.46/54円

 ユーロ/ドル 1.3380/85ドル

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円安の

123円半ばで取引されている。東京市場はこの日も値動きの鈍さが目立ち、主要通貨は

狭いレンジ内で小動きに終始した。一方で高金利通貨の買い人気は根強く、ニュージーラ

ンドドルが一時、対米ドルで22年ぶり、対円でも20年ぶり高値を更新した。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 18240.30円(28.62円高)

      18107.81円─18287.73円 出来高 22億3349万株

 東京株式市場で日経平均は6日続伸となり、2月26日に付けた終値での年初来高値

1万8215円35銭を更新した。先物主導の展開となり、約7年ぶりの高水準まで上昇

した。前日の米国株式市場が大幅反落となったことから売りが先行したが100円安程度

で止まり、午前中盤からは下値が堅いとみた向きがショートカバーを入れプラス圏に切り

返した。ただザラ場での年初来高値1万8300円手前では売りも多く、更新できなかっ

た。

 東証1部の騰落数は、値上がり954銘柄に対し、値下がり634銘柄、変わらず

140銘柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時27分現在

 無担保コール翌日物金利    0.517%(加重平均レート)

 3カ月物FB流通利回り    ──    (出合いなし) 

 ユーロ円3カ月金先(07年12月限)98.975(─0.005)

           安値/高値 98.970─98.980

 きょうの短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートは0.517%となっ

た。国債発行によって決済が集中しレートに上昇圧力がかかった20日の0.525%か

ら低下。ただ、四半期末を控えていることなどから、レートは大きく下がりづらい。日銀

が実施した初の9月期日となる資金供給オペは、8月の利上げを意識して落札利回りが

0.630%(案分)に上昇した。ユーロ円3カ月金利先物は、手がかり難でもみあいと

なった。

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)131.49(─0.21)

                    131.31─131.55

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.920%(+0.030)

                     1.940%─1.915%

 10年国債先物中心限月9月限は前日終値に比べて反落して引けた。午後に発表された

20年利付国債入札の結果がやや低調な内容となったことを受けて、流通市場での消化を

懸念した証券などから調整売りが一時膨らむ場面があった。もっとも、朝方に上値を重く

していた中期ゾーンには一部国内勢の買いが入ると、引けにかけては下げ渋った。

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 6.0─6.5bp 銀行債(みずほ)5年 7.0─8bp

地方債(都債)10年 8.0─9.0bp 電力債(東電)10年 8.5─9bp

 一般債市場では、ジャックス(8584.T)<0#8584=JFI>の国内普通社債(SB)がタイトニ

ング。スプレッドの気配は、残存期間4年で40ベーシスポイント(bp)ビッドと、

3月の気配(仲値)から10bp程度タイト化。クレジット・デフォルト・スワップ(C

DS)市場でも、ジャックスにタイトな出合いが観測された。プレミアムは33bpと、

20日の気配(仲値)から24─25bp低下。ジャックスが、三菱UFJフィナンシャ

ル・グループ(8306.T)<0#8306=JFI>傘下の三菱UFJニコス8583.T<0#8583=JFI>、三菱

東京UFJ銀行<0#8315=JFI>と業務・資本提携を検討しているとの一部報道を好感した。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(16時30分現在の気配)

   2年物 1.22%─1.18%

   3年物 1.40%─1.36%

   4年物 1.56%─1.52% 

   5年物 1.70%─1.66%

   7年物 1.91%─1.87%

  10年物 2.14%─2.10%

 スワップ金利は上昇。正午に締め切った新発20年債入札に絡み、超長期ゾーンには証

券会社のヘッジ目的とみられる払いが見られた。イールドカーブは同年限にかけてベアス

ティープニングした。

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 21日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below