Reuters logo
再送:〔クロスマーケット〕日米株価の上値に限界説、米金利上昇やM&A失速を懸念
2007年7月9日 / 09:26 / 10年後

再送:〔クロスマーケット〕日米株価の上値に限界説、米金利上昇やM&A失速を懸念

*この記事は、9日午後6時23分に送信しました。

<東京市場 9日>

━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯

日経平均   | 国債先物9月限| 国債287回債  |ドル/円(16:30)  |

━━━━━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━┿

 18261.98円  | 131.31円  |  1.950%    | 123.45/48円   |

━━━━━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━┿

+121.04円  | -0.14   | +0.020    | 123.32/36円   |

━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷

注:日経平均、国債先物は終値。国債現物は16時30分の値。

下段は前週末終値比。為替は前週末NYの値。

 松平 陽子記者

 [東京 9日 ロイター] 日米の株価は米長期金利の動向に神経質になっており、も

みあいを脱しきれない。日経平均.N225はザラ場の年初来高値、ダウ工業株30種.DJI

は過去最高値に接近しているが、仮に上値を取ったとしてもその後の上昇余地はそれほど

大きくないとの見方が広がっている。米サブプライム(信用度の低い借り手向け)ローン

問題で貸し出しなどの資産をベースとする資産担保証券(CDO)市場が失速、CDOを

仲立ちにしたヘッジファンドによるM&A投資が細る可能性もあり、米国株を押し上げて

きたM&Aプレミアムがはげる可能性も指摘されている。

 <金利上昇の圧力は継続>

 6月の米雇用統計は、非農業部門の雇用者数が市場予想を上回る13万2000人の伸

びとなり、米国市場では長期金利US10YT=RRが5.19%に上昇した。一方で、米ダウ工

業株30種も45.84ドル高。市場では「株価は金利高に慣れて、やや耐久力がついて

きたようだ。米住宅市場や消費の動向を考えれば、長期金利が一本調子で上がるとは考え

にくい」(準大手証券)との声も聞かれる。

 しかし、長期金利の動向は予断を許さず、株価は金利の呪縛から自由になれそうもない

。「景気指標で強いものが出ると、株価より先に金利が反応する。これをにらんで株価が

下がることで、金利が落ち着くという展開が続きそうだ」(投信)という。

 さらに、先行きの景気への期待がやや後退したとの声も出ている。「米景気の年後半か

らの加速ピッチは、以前想定していたより緩やかなものになりそうだ。株価押し上げ効果

はそれほど強いものにはならないだろう」(三菱UFJ投信運用戦略部長、宮崎高志氏)

という。

 米国株の上昇モメンタムが落ちるなかで、日本株も上値が重くなりそうだとの声が多い

。5月の機械受注(船舶・電力除く民需)は予想を上回る前月比5.9%増と「ポジティ

ブ・サプライズ」(別の準大手証券)になった。しかし、日経平均は2月26日につけた

ザラ場の年初来高値(1万8300円39銭)手前で足踏みから脱することができずにい

る。「上値の重い米国株が日本株を買い上げにくくしている。高値を取ったとしても、そ

の後の上昇余地は限られそうだ」(投信)という。

 

 <サブプライム問題がM&Aにブレーキ、プレミアムはく落も>

 米国の金利上昇はファンダメンタルズ面だけでなく、マーケット・リスクの面からも株

価を圧迫する可能性がある。草野グローバルフロンティア代表取締役の草野豊己氏は、サ

ブプライム問題が株式市場に波及する可能性を指摘している。

 米国では豊富な流動性とヘッジファンドの運用競争激化で、サブプライムローンやヘッ

ジファンド向けローンなどをベースにした資産担保証券であるCDOが急拡大。もともと

は、CDOのうち比較的リスクの低いものは販売できてもリスクの高い部分は買い手がつ

かずに銀行が自己で保有するケースが多く、リスク・コントロールの観点からCDOの発

行は抑えられていたという。

 しかし「ヘッジファンドがリターンの高さをねらってリスクの高い部分を投資対象にし

始めた。販売先ができたためCDOの発行量が増え、一方で、CDOという受け皿が拡大

したことでサブプライムローンやヘッジファンド向けローンも出しやすくなった」(草野

氏)という。

 こうしてヘッジファンドに回った資金の一部はM&Aに向けられ米国の株価を押し上げ

たほか、サブプライムローンの拡大につながったが「米長期金利の上昇でこうした構図が

一変した」(草野氏)という。

 金利上昇によるサブプライム問題の深刻化はCDO市場を失速させただけでなく、CD

Oを仲立ちとしたヘッジファンド経由でのM&Aへの資金の流れを細らせるという。これ

に金利上昇による直接的なM&Aのコストの上昇も加わり、M&Aの動きには急ブレーキ

がかかっている。草野氏は「株価のM&Aプレミアムがはく落すれば、米国株は2─3割

下落してもおかしくない」と警告する。

 <米企業決算が下支え、5%増益予想からの上方修正を期待>

 一方で、米国株価の下支えになりそうなのが、これから始まる4─6月決算の発表だ。

「マクロ面で株価の買い材料を見出しにくいなかで、企業業績でポジティブ・サプライズ

がいくつか続くようであれば、株価の底上げにつながる可能性がある」(りそな銀行総合

資金部投資運用室チーフストラテジスト、下出衛氏)という。市場では「4─6月期は現

在、5.3%程度の増益が予想されているが、もう少し上方修正されるのではないか」(

三菱UFJ投信、宮崎氏)と期待する声が広がっている。

 米国市場ではこのところ、金利敏感株が下落する一方でハイテク株が買われるなど金利

上昇をにらんだ物色のシフトが進んでいる。市場では「米ハイテク株の決算は、日本のハ

イテク株にもインパクトが大きい」(りそな銀行、下出氏)ことから、米企業の決算に期

待する声が多い。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below