Reuters logo
UPDATE1: ユーロ圏GDP上方修正と鉱工業生産の回復で、ECBの利上げ観測高まる
2007年7月12日 / 11:41 / 10年後

UPDATE1: ユーロ圏GDP上方修正と鉱工業生産の回復で、ECBの利上げ観測高まる

 [ブリュッセル 12日 ロイター] 欧州連合(EU)統計局が12日発表した第1・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)伸び率改定値は前期比0.7%となり、速報値の0.6%からやや上方修正された。

 昨年第4・四半期の0.9%から減速したものの、ロイターがまとめた市場予想の0.6%は上回った。

 また、この日発表された5月のユーロ圏鉱工業生産は前月比0.9%増加し、0.7%減少した前月から回復した。

 これらの指標を受け、欧州中央銀行(ECB)が追加利上げを実施するとの見方が一段と高まった。

 一方、欧州委員会は2007年第4・四半期のユーロ圏GDP伸び率見通しを前期比0.2―0.8%から0.3―0.8%に小幅引き上げた。第2・四半期と第3・四半期の見通しについては0.4―0.8%で据え置いた。

 グローバル・インサイトのエコノミスト、ハワード・アーチャー氏は「ユーロ圏GDP伸び率の上方修正と5月の鉱工業生産の著しい回復は、金融政策を『緩和気味』にとどめてておく必要はないとのECBの信念を強めるだろう」と述べ、9月に政策金利が25ベーシスポイント引き上げられるとの見通しを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below