Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(13日)
2007年7月13日 / 08:44 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(13日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   122.40/45円    ユーロ/円 168.64/72円

 ユーロ/ドル 1.3778/83ドル

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅上昇の

122円前半で取引されている。午後の取引でもドルと円は弱い地合いが続いた。午前中

に最高値を更新したユーロ/円は、169円手前のオプション絡みの売り圧力に加え、フ

ランスの閣僚によるユーロ高への警戒発言から、やや売られた。

 

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 18238.95円(254.81円高)

      18150.99円─18268.64円 出来高 20億2267万株

 東京株式市場で日経平均は4日ぶり反発。前日比250円超上昇し、10日以来の1万

8200円台を回復した。米小売り各社の売り上げ堅調や買収観測で12日の米国株式市

場が大幅続伸したことを好感。輸出関連株に買い戻しが入ったほか、商社や海運など世界

景気拡大の恩恵を受けると期待されているセクターも高い。ただ後場中盤以降は3連休を

前に様子見ムードが強まり、ザラ場高値1万8300円には届かなかった。

 東証1部の騰落数は、値上がり1029銘柄に対し、値下がり558銘柄、変わらずが

144銘柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時33分現在

 無担保コール翌日物金利    0.529%(加重平均レート)

 3カ月物FB流通利回り    0.675%(+0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年3月限) 98.850(─0.020)

           安値/高値 98.845─98.860

 きょうの短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートは、前日の0.509

%から上昇し、0.529%となった。準備預金の積み最終日を迎えて、レートは強含み

となった。財務省が入札を実施した1年物割引短期国債(TB)は無難な結果となり、最

高落札利回りは0.8761%と前回から低下。ユーロ円3カ月金利先物は、上値の重い

展開が続いた。

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)131.51(―0.29)

                    131.51─131.67

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.930%(+0.030)

                     1.930%─1.915%

 10年国債先物中心限月9月限は前日終値に比べて続落して引けた。前日の米債安や国

内株価の大幅高を嫌気して売りが先行した。日銀が8月にも利上げに踏み切るとの見方が

強まる中、現物市場で中期ゾーンに銀行勢とみられる売りが観測されたことも地合いを悪

化させた。

 

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 4.5─5.5bp 銀行債(みずほ)5年  9─10bp

地方債(都債)10年 6.0─6.5bp 電力債(東電)10年 10─11bp

 一般債市場では、北海道<0#0101=JFI>の地方債が売られた。スプレッドは残存期間4年

で10ベーシスポイント(bp)オファー。13日に発行条件を決めた新発債は期間5年

で発行価格100円に対し99円85銭のオファー。売られた背景を、マーケットでは、

金利上昇への警戒感が強まっている局面で、スプレッドがタイトになり過ぎた銘柄の保有

残高を減らす動きがあるとみている。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場

では、富士通(6702.T)<0#6702=JFI>が小幅低下。5年物のプレミアムは16bp、

16.5bpで取引された。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(15時30分現在の気配)

   2年物 1.25%─1.21%

   3年物 1.43%─1.39%

   4年物 1.59%─1.55%

   5年物 1.72%─1.68%

   7年物 1.94%─1.90%

  10年物 2.17%─2.13%

 スワップ金利は上昇。中期ゾーンには連休を控えた海外勢の持ち高調整や、証券会社な

どの業者による払いが出ている。イールドカーブは中期ゾーンにかけてスティープニング

する形状となった。

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 13日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below